滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 日本医療秘書学会 第10回学術大会開かれる 大阪医療技術の卒業生が日野原重明賞最優秀賞を受賞!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

日本医療秘書学会 第10回学術大会開かれる 大阪医療技術の卒業生が日野原重明賞最優秀賞を受賞!

2013.03.08

20130308

本校卒業生の村上幸恵さんが日野原重明賞最優秀賞に輝きました!

日本医療秘書学会 第10回学術大会が、平成25年2月24日(日)、大阪国際会議場で開催されました。

医療内容が複雑高度化し、チーム医療が主流となるなか、医療秘書は事務面における専門的な援助と連絡調整役として、その責務は重要になる一方です。そこで医療秘書実務担当者の資質の向上と社会医療への貢献を目的に、平成16年2月、「日本医療秘書学会」が設立されました。以来毎年開催される「学術大会」は、全国の医療機関の職員や医療事務を学ぶ学生が日々の研究成果を発表する場として、大きな励みになっています。

10回目を迎えた今大会のテーマは「医療秘書が実現する医療機能の効率化」。午前のプログラムは、日本医療秘書学会理事長で滋慶学園グループ総長の浮舟邦彦先生の挨拶に始まり、滋慶医療科学大学院大学研究科長の武田裕先生の教育講演「診療情報管理と医療情報処理技術の現状と課題」、続いて本学会会長で聖路加国際病院理事長の日野原重明先生の基調講演「Team Based Learning(TBL)の中での医療秘書の役割」が行われました。昨年101歳を迎えられた日野原先生は体調が万全ではない中、東京からわざわざお越しいただいたとのことでした。

  • 20130308sub01

    開会挨拶をする滋慶学園グループ総長の浮舟邦彦先生

  • 20130308sub02

    武田裕先生の教育講演

  • 20130308sub03

    医療秘書の役割について基調講演で語る日野原重明先生

  • 20130308sub04

    パワフルな101歳の日野原先生の講演



日本医療秘書学会理事長の浮舟総長(左)と同会長の日野原先生

休憩・総会をはさみ、午後は、医療秘書として医療機関で働く人および医療秘書をめざして勉強する学生による22の一般演題の発表や特別発表、パネルディスカッション「医療サービスの多様化と医療秘書の役割」などが行われました。


日野原重明賞最優秀賞を受賞した、村上幸恵さんの発表のもよう


福岡医健専門学校2年生の発表「医療機関によるホームページプロジェクト」


発表を熱心に聞く聴衆


大阪医療福祉専門学校と放送芸術学院専門学校の卒業生による特別発表

興味深い発表が次々行われたのちに、一般演題の最も優秀な発表に贈られる「日野原重明賞最優秀賞」は、なんと本校卒業生の村上幸恵さん(北野病院勤務/平成22年3月専攻科医療秘書専攻卒業)に決定。会場が沸きあがりました。注目の村上さんの演題は『北野病院におけるスペシャル医療クラークの導入とその効果』でした。


本校卒業生・村上さんの表彰

会場で熱心に聞き入っていた本校在校生も、先輩の活躍が大きな刺激となったようで、表彰式の様子を晴れやかな笑顔で見守っていました。今後も本校医療秘書・情報学科では、医療秘書業界で本当に活躍できる人材を養成していきたいと職員一同、心を新たにした次第です。また、多くの本校卒業生が準備委員などとして本学会のサポートに当たってくれたことで、大阪医療技術学園専門学校の医療秘書教育の伝統と実績を感じる一日となりました。

PAGE TOPへ