滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 滋慶学園グループの卒業シーズン 震災を乗り越えそれぞれ社会へ

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

滋慶学園グループの卒業シーズン 震災を乗り越えそれぞれ社会へ

2013.03.09

20130309

東京の芸術系7校の合同卒業式。ミッキー吉野先生やプリンセス プリンセスの渡辺敦子先生、富田京子先生、クリス・ジャガーセン先生の演奏で学生によるゴスペルアンサンブルが「翼をください」でフィナーレを飾った=シェラトン・グランデ・トウキョウベイ・ホテル

東京の文化芸術系7校の卒業式を皮切りに、滋慶学園グループの卒業式シーズンがスタートしました。「高度専門士」の称号を授与される4年卒業生もいますが、多くの卒業生は2年前の東日本大震災の年に入学した学生たち。
入学式も行えない状況の中で夢を失わず、被災地へのボランティア活動や骨髄移植推進キャンペーンミュージカルへの取り組み、国家資格取得への挑戦などを通して逞しく成長し、この春、次々と社会に旅立っていきます。

3月6日にシェラトン東京ベイで芸術系COM7校の合同卒業式

厳しい寒さが緩んだ3月6日(水)、グループの最初の卒業式として、
東京コミュニケーションアート専門学校(TCA、TCAエコ)
東京スクールオブミュージック専門学校(TSM)
東京スクールオブミュージック専門学校渋谷(TSM渋谷)
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校(FC東京)
東京ダンス&アクターズ専門学校(DA東京)
東京デザインテクノロジーセンター専門学校(TECH.C.)
東京アニメ・声優専門学校
の合同卒業式が東京・舞浜のシェラトン・グランデ・トウキョウベイ・ホテルで行われました。2年前の3月11日、今回の卒業生の1年先輩たちが卒業式の謝恩会の終了間際に大震災に遭遇、そのまま帰宅できずに着の身着のままで泊まらせていただいたホテルです。

午前11時からの式には、中国、韓国など18カ国からの留学生213名を含む晴れ着やダークスーツに身を包んだ卒業生と父兄、各界からの来賓、講師の先生、教職員ら約2500名が出席。東京コミュニケーションアート専門学校ライトノベル・小説作家専攻の高橋 美也子さんら各校代表8名にTCA近藤雅臣学校長をはじめ各学校長から卒業証書と「専門士」「高度専門士」の称号が授与されました。

  • 20130309sub01

    TCAの近藤学校長から学生代表、高橋美也子さんに卒業証書の授与

近藤学校長「他人の心にともしびを」、浮舟総長「生涯学び続けることが大切」
学校長を代表して近藤学校長は「皆さんは無限の可能性をもっているが、行いによっては有限になりうる。今日一日をどれだけ大切に必死に励むかによって人生は変わる。人生をエンジョイし、他人の心にともしびをつけ、その灯火を大きなかがり火にすることによって自分も成長し、心温まる社会を作り上げるために頑張って下さい」と式辞を述べました。

続いて滋慶学園グループを代表して浮舟総長が、「震災直後の厳しい時期に入学し、困難を乗り越えながら卒業式を迎えられたことは感慨もひとしおです。それぞれの道のスペシャリストとして成功していくためには、卒業後も自らを律してキャリアアップしていかなければなりません。生涯、学び続けることが大切です」と激励しました。

滋慶学園グループ浮舟総長の祝辞
滋慶学園グループ浮舟総長の祝辞

「ゴスペルアンサンブル」チームと「明日への扉」チームなど表彰
このあと、インドネシアからの留学生として4年間授業を休まず、株式会社日南グループのエンジニアとして就職が決まっている東京デザインテクノロジーセンター専門学校高度情報工学科のフランシスクス・ザベリウス・エベンリンバさんら36名に皆勤賞が贈られました。

また在学中に歌手の水樹奈々さんやSMAPらと共演、1月に行われた韓国啓明大学50周年記念イベントにも参加したTSMTSM渋谷の「ゴスペルアンサンブル 産学協同プロジェクト」チームにJESC(滋慶教育科学研究所)奨励賞特別賞が、TSMTSM渋谷FC東京DA東京TCAによる「骨髄移植推進キャンペーンミュージカル 明日への扉」チームに総長賞がそれぞれ贈られました。

「明日への扉」公演では計87万9298円の募金が集まり、この日、舞台を務めた学生代表から財団法人「骨髄移植推進財団」と財団法人「夏目雅子ひまわり基金」にそれぞれ贈呈されました。

このあと、震災後、「自分たちに何ができるのか」を合言葉に東北の被災地へのボランティアや復興事業に参加してきた学生たちの活動を記録した動画を放映。一瞬、会場には悲しみが甦りましたが、被災地の人たちと共に力強く末来に向おうと被災地で活動する若者たちの姿に目頭をおさえる保護者の姿も見られました。



骨髄移植推進財団への募金贈呈



夏目雅子ひまわり基金への募金贈呈



多くの保護者の方々も参加された卒業式会場

津川雅彦先生の贈る言葉「世界が認めた東北の、日本の美しい心を忘れないで」
映画業界や音楽業界の大先輩でもある名誉学校長の津川雅彦先生と湯川れい子先生からは、卒業生にはなむけの言葉が贈られました。

津川先生は「映像にあったように東日本大震災とは切っても切れない縁と絆ができました。そのことが将来、皆さんの宝となって輝き始めるに違いありません。そんな皆さんに忘れて欲しくない事があります。
英国のインディペンデント紙が震災直後の3月13日に一面すべてをつかって日の丸と掲載した『Don't give up japan,Don't ive yu Tohoku.― がんばれ、日本。がんばれ、東北』の一面広告です。寒さと飢えの中、悲しみを乗り越え1斤のパンを3、40人もの人が平等に分かち合って忍耐し、礼節を守った日本の、東北の美しい心に世界がびっくりしたのです。感動したのです。東北の美しい心の向うにこそ本当の幸せがあることに世界の人たちが気付いたのです。あなたたちはその美しい姿を見て支援してきた経験者です。そういうことが学べたことが人生の最高の価値だと思えるような人がこの卒業生の中から育ってくれることを願ってやみません」と祝福の言葉を贈りました。


祝辞を述べる津川雅彦名誉学校長

湯川れい子先生の贈る言葉「笑顔で世界を幸せにしてください」
また湯川先生は「笑顔と元気は他人に伝わるのです」と、震災の日に来日し、日本を激励し続けた米国の世界的な歌手、シンディ・ローパーさんの近く刊行される自伝を手に、その笑顔での行動力や熱い思いを伝えました。さらにチャーリー・チャップリンが作曲し、マイケル・ジャクソンがカバーしている『スマイル』を紹介。「すばらしい曲でしょ。これは9.11でアメリカの人々を慰めたのよ。どんなつらいことがあっても、自分に負けそうなことがあっても、とにかく微笑んでみる。そうすれば必ずまず自分が元気になる。みんな等しくこの微笑む力をもらっています。あなたが幸せになれば、周りが幸せになり、社会全体が幸せになります。日本が幸せになります。そして世界が幸せになります」とやさしく語り掛けました。


湯川れい子名誉学校長

「この2年間、人間としての成長を実感」卒業生代表の和田さんが謝辞
最後に卒業生を代表して着物姿のDA東京俳優・声優コース、和田麻菜さんが謝辞を読み上げました。卒業後は株式会社バンブーに所属が決まっている和田さんは「甘えではない本当の信頼を卒業公演を通じて学びました。この2年間、技術、スキル、それだけではなく人間として大きく成長できたことを心から実感しています。そしてこの春、俳優として一歩を踏み出し、入学時に誓ったように多くの人に笑顔と元気を届けられる役者になることを約束します」と力強く宣言しました。

そしてフィナーレは池末信先生指揮でTSMTSM渋谷のゴスペルアンサンブルによる「翼をください」。キーボードのミッキー吉野、忙しいステージの合間を縫って駆けつけたプリンセス プリンセスのメンバーでベースーの渡辺敦子とドラムの富田京子、ギターのクリス・ジャガーセンという豪華な顔ぶれの先生方による演奏をバックに、パワフルに歌い上げ、式典に花を添えました。

翌3月7日は名古屋コミュニケーションアート専門学校の卒業式がウェスティンナゴヤキャッスルホテルて、3月8日には大阪スクールオブミュージック専門学校大阪コミュニケーションアート専門学校キャリナリー製菓調理大阪校大阪ダンス&アクターズ専門学校大阪スクールオブミュージック高等専修学校放送芸術学院大阪アニメーションスクールの合同卒業式が大阪国際会議場で行われました。今後、3月末まで各地での卒業式が続きます。

  • 20130309sub08

    感謝の言葉を述べる卒業生代表、和田麻菜さん

  • 20130309sub09

    渡辺敦子、ミッキー吉野、富田京子の各先生(右から)

  • 20130309sub10

    式のあとロビーで抱き合って別れを惜しんだり記念撮影する卒業生たち

PAGE TOPへ