滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 【お知らせ】 新型コロナウイルスの感染について(第11報) 学生および教職員の皆様へ 滋慶学園グループ浮舟邦彦総長より

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

【お知らせ】 新型コロナウイルスの感染について(第11報) 学生および教職員の皆様へ 滋慶学園グループ浮舟邦彦総長より

2020.04.01

 学生・教職員の皆様へ

滋慶学園グループ総長 浮舟 邦彦

 
 4月1日新年度を迎えましたが、新型コロナウイルスの影響下、華やいだ気分にはなれません。我々教職員一同は自らの健康管理に留意するとともに、学生の皆さんの健康と安心安全を第一に考えて工夫し、この難局を乗り越えていきたいと思っています。

 米国では2月21日に新型コロナウイルスの感染者は15人、死者は0でした。40日余り経った3月31日には14万640人、死者2,398人です。WHOによると、世界202カ国・地域で感染者は75万4948人、死者3万6405人に激増しました。日本では感染者1,953人、死者56人、退院者は424人です。

 これまで感染しても軽症で治まると伝えられていた若い人たちの感染が、重篤ないしは命を失う事例が世界各地で報告されてきました。また感染に気づかずに家族や友人、さらにはお年寄りや基礎疾患を持った人たちにも拡散し、そこから新たなクラスターを構成する危険も孕んでいます。特に学生の皆さんは若さを過信せず、自分の行動が引き起こすであろう事象にも想像力をめぐらせて下さい。今後も感染者を出さないために、一日も早く平穏な日々を迎えられるように、学生の皆さん、教職員の皆さんに、下記の注意を今一度、呼びかけたいと思います。

1.引き続き、手洗い、うがいの励行、マスクの着用を厳守してください。
2.密閉空間、密集場所、密接場面の3つの“密”の条件が重なった場を避けて下さい。
3.のどの痛みや咳、鼻水、発熱、だるさ等、風邪の症状や匂いや味覚の異常を示す自覚症状があれば、出歩かずに自宅等で安静にして下さい。強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合(重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合)、このほか発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合、特に症状が4日以上続く場合は必ず、学校や勤務先に連絡の上、直ちに最寄りの新型コロナ相談センターに電話で相談して下さい。(この項5月8日一部修正しました)

 このピンチを乗り越え、頑張りましょう。

以上。

2020/04/01

【参考情報】

・外務省海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/
・新型コロナウイルス感染症への備え(首相官邸HP)
 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
・文部科学省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
 https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html
・厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
・国立感染症研究所
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/

(滋慶学園グループ新型コロナウイルス対策本部)

PAGE TOPへ