滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 【お知らせ】[重要] 新型コロナウイルスの感染について(第12報) 再度 学生および教職員の皆さんへ 滋慶学園グループ総長より

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

【お知らせ】[重要] 新型コロナウイルスの感染について(第12報) 再度 学生および教職員の皆さんへ 滋慶学園グループ総長より

2020.04.20

学生・教職員の皆さんへ

 4月7日に政府の7都府県を対象とした緊急事態宣言が出され、4月16日には緊急事態宣言が全国に拡大されました。最低で7割、極力8割の人との接触減を要請し、各都道府県知事より行動自粛要請が出されました。それでも感染者数は減少せず、17日夕、安倍首相は国民に向って再度、人との接触を8割減少するよう要請しました。翌18日、国内の感染者数は1万人を超えました。若い世代への感染が広がっています。16日には36.2%が30歳代以下だったとの報道もありました。救える命が救えなくなる、医療崩壊の危機が迫っています。医療に従事する沢山の卒業生の皆さんがそれを懸命に支えています。

 この4月20日~5月6日までの2週間余りが非常に重要です。

 新型コロナウイルスから身を守りうつしうつされないために、

1.石鹸による手洗い、うがいの励行、マスクの着用を厳守。

2.密閉空間、密集場所、密接場面の3つの“密”の条件が重なった場を徹底して避ける。

3.のどの痛みや咳、鼻水、発熱、だるさ等、風邪の症状や匂いや味覚の異常を示す自覚症状があれば、出歩かずに自宅等で安静する。強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合(重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合)、このほか発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合、特に症状が4日以上続く場合は必ず、学校や勤務先に連絡の上、直ちに最寄りの「帰国者・接触者相談センター」か、かかりつけのお医者さんに電話で相談する(この項、5月8日一部修正)。

を守るとともに、不変不急の外出をやめ、人との接触機会を通常より80%低減するよう行動を自粛し、自宅(学生寮の場合は自室)で過ごしてください。

 これらの実行とともに、免疫力を落とさない生活習慣が大切です。特に学生の皆さんは「良い生活習慣」を身につけ、継続させて下さい。なにより感染防止に欠かせないのが「個人の自覚と努力」です。困ったことがあれば、それぞれの学校に連絡して下さい。休校中でも交替で出勤しているスタッフがいます。相談してみて下さい。

 なお、学校によってはすでに遠隔授業を開始しています。教育をストップさせるわけにはいきませんので滋慶学園グループ独自の遠隔授業システム「J-web」や各種ITツールを使っての遠隔授業を行ないます。

滋慶学園グループ
総長 浮舟 邦彦

PAGE TOPへ