滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 感慨もひとしお 新大阪歯科技工士専門学校・新大阪歯科衛生士専門学校・東洋医療専門学校 3校合同で卒業式が行われました!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

感慨もひとしお 新大阪歯科技工士専門学校・新大阪歯科衛生士専門学校・東洋医療専門学校 3校合同で卒業式が行われました!

2022.03.30

50536001

コロナ禍の卒業に感無量。お世話になった先生へ花束を贈るシーンも

 滋慶学園グループの新大阪歯科技工士専門学校と、新大阪歯科衛生士専門学校東洋医療専門学校の3校合同卒業式が3月23日(水)、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪で行われました。

 学生にとって入学式が“最初の授業”だったのに対し、卒業式は“最後の授業”。2年前からのコロナ禍の中、困難を乗り越えて、卒業式を迎えただけに感慨もひとしおだったようです。式典は来賓の方々の出席は遠慮してもらい、保護者にはオンラインで視聴していただきました。

 国歌斉唱は音声だけが流れ、卒業生と教職員は心の中で口ずさみました。続いて卒業証書と専門士称号授与です。新大阪歯科技工士専門学校の卒業生総代に選ばれた歯科技工科の相生愛美さんと、新大阪歯科衛生士専門学校の総代の歯科衛生士学科、吉永沙代さんが順番に登壇。作田守学校長から証書などが授与されました。東洋医療専門学校の総代の救急救命士学科、砂原真実さんには太田宗夫学校長から授与されました。

  • 心で国歌を歌う卒業生たち

  • 歯科技工科の相生愛美さん 

  • 歯科衛生士学科の吉永沙代さん

  • 救急救命士学科の砂原真実さん

「生命と健康のために尽くす姿が医療者の生き様」 太田学校長式辞

 

式辞を述べる太田宗夫学校長

 太田学校長は式辞で、「100年に一度の危機的な状況」といわれるコロナ禍の中で学業に励み、卒業したことを称え「諸君は少々のことでは負けない力強さと忍耐力を備えています。これからしっかりと社会に貢献することを期待します」と激励しました。

 さらに「今日から日本社会に対する責任と義務が生じたということを、頭に組み込んでほしいと思います」とし、好ましい医療者の生き様について「生涯を通じて成熟に努力する様は美しいと思います。そして医学を基盤とする姿勢に徹し、生命と健康のために惜しまず尽くす医療者の姿が、良い生き様だと考えています」と諭しました。

 そして「成熟」ということについて、太田学校長は「専門職」、「医療者」、「社会人」のそれぞれの面から論じ、「専門職としての成熟は生涯学習につとめ、人を指導する立場になるとか、研究に尽くすとか、一段上を志望するよう求めます。医療者としての成熟については、まず倫理を身につけてほしいと思います。医学医療は学際性が最も豊かな分野だといわれますが、迷うことがあれば、医学の倫理について記された『ヒポクラテス(ギリシャの医者・哲学者)の誓い』に戻れば答えが出る、ということを知っておいてください」と語りました。

 さらに社会人としては「いろんな人との出会いが待っており、学ぶことは膨大です。一期一会、ーつ一つの出会いを大切にしてください。自分自身の専門職としての存在を誇りとし、常に誠意を尽くす医療人を目指してほしい。そして自信を持って誇り高く生きてほしいと思います。最後に『凛として生きよ』という言葉を贈ります」と締めくくりました。

「職場の人間関係、お客様とのネットワークを大切に」 浮舟総長祝辞

 

お祝いのメッセージを贈る浮舟邦彦総長

 続いて滋慶学園グループの浮舟邦彦総長は「皆さんはプロとしてのスキルと知識を身につけ、社会人・業界人としての人間力、そして身構え・気構え・心構えをも養ってこられました。これからプロとして成長をしていかなければなりません。プロとして成長には一つの原則があるように思います。プロは仕事を通して成長をするということです。どうか仕事を、職場を大切にしてください。職場は皆さんにとっての新しい道場です。新しい教室です。多くの経験が皆さんのキャリアになっていくはずです」と述べました。

 そして「共に学んできた友人、あるいは先生、業界の方々とのネットワークを大切にして頂きたい。また職場で新しくできる人間関係、お客様との人間関係…。このネットワークを大切にしてください。プロとして成長していくためには、仕事を大切にして学び続ける、成長する意欲と向上心が重要だと思います」と専門職として成長について語りました。

 さらに「学校は皆さんにとっての故郷です。キャリアセンター、あるいは国家試験対策センターはいつまでも皆さんのセンターであり続けるでしょう。滋慶学園グループのネットワークは北海道から九州まであります。それも皆さんのネットワークとして今後、活用してください。私たちは誇りを持って皆さんを送り出します」とお祝いのメッセージを贈りました。

コロナ禍の中、苦労して学んだ学生生活の思い出に感無量

 続いて皆勤賞(3校で80人)と精勤賞(3校で147人)、優秀な成績を収めた学生に対する大阪府知事賞や学校長賞などの各賞が発表されました。賞状などは式典終了後に、受賞者それぞれに手渡されました。大阪府知事賞と学校長賞は次の皆さんです。

【大阪府知事賞】
新大阪歯科技工士専門学校 歯科技工科 中西杏さん
新大阪歯科衛生士専門学校 歯科衛生士学科 林志保さん
東洋医療専門学校 救急救命士学科 金浜龍馬さん

【学校長賞】
・新大阪歯科技工士専門学校 Ⅰ部 松山恵利子さん、Ⅱ部 林葵さん、専攻科宇野亮太さん
・新大阪歯科衛生士専門学校 昼間部 行重茜さん、夜間部 浅野莉可子さん
・東洋医療専門学校 歯科技工士学科 玉置芙美子さん、救急救命士学科 中田健斗さん、鍼灸師学科 中村なつみさん、柔道整復師学科 坂西晏菜さん

  • 楽しかった学園生活の思い出の1シーン

  • 式典後、卒業写真の撮影の様子

 式典の最後には、各学校・学科ごとに学園生活の思い出のシーンが映し出され、卒業生たちは感無量の様子でした。式典終了後、記念写真の撮影が行われ、別れを惜しみ再会を誓い合う姿が、あちらこちらで見られました。

PAGE TOPへ