グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > イベント > 【大阪保健福祉専門学校】 介護の日イベント「介護の未来」を開催しました!

グループ各校からのお知らせ:イベント

一覧に戻る

【大阪保健福祉専門学校】 介護の日イベント「介護の未来」を開催しました!

2016.09.16

〈各学校の新着情報〉 大阪保健福祉専門学校

介護の未来リポート メインビジュアル

 大阪保健福祉専門学校・介護福祉科の教員と在校生が、大阪府社会福祉協議会、大阪福祉人材支援センターのご協力の下、7月17日(日)に大阪市中央区の大阪社会福祉指導センターで、介護の日イベント「介護の未来」を開催しました。このイベントは介護福祉士を目指す学生・高校生・一般の方が介護の魅力を感じ、卒業生や介護業界で活躍する介護者の皆さんが自分の仕事に誇りを持てるようにとの想いから企画・実施しました。

 今回のイベントでは「介護施設の取り組み~利用者の夢を叶えるプロジェクト~」として、3つの施設の方が、それぞれ独自の取り組みを発表しました。三者三様に利用者の夢を叶えた事例をご紹介いただき、在校生や卒業生は大いに刺激を受けました。

 学生からの発表の部では、Ⅰ部(昼間部)1年生は「テーマパークダンス」とカップを使ったリズム遊び「カップス」の発表を行いました。それぞれ、テーマパークのスタッフのようにおもてなしができる介護者になりたい、将来カップを使ったリハビリ・レクリエーションをやりたいという想いを表現しました。2年生はこんな介護福祉士でありたい!こんな介護現場ならきっと楽しくやりがいを持って利用者支援ができる!という熱い思いを「人」、「ハード」、「アクティビティ」の3つのテーマから発表しました。

 Ⅱ部(夜間部)3年生は椅子に座ったまま棒を使って楽しめるサッカー・「棒サッカー」を学んで地域イベントや実習先で実施しており、その活動実績について発表しました。

  • 介護福祉科Ⅰ部1年生による「テーマパークダンス」

  • 介護福祉科Ⅰ部2年生による発表

 そのほか、姉妹校である大阪ハイテクノロジー専門学校の生命工学技術科ロボット専攻の学生との共同研究である「VR(バーチャルリアリティー)リハビリテーションの効果について~高齢者の意欲向上への取り組み~」の発表や、高校生による「介護の未来」についての作文発表、福祉施設を回り利用者を元気付ける活動を行っている、本校「ソーラン部」による演舞も行いました。

  • ソーラン部の演舞

  • 真剣な表情で聞く学生

 イベントに来場した介護職員の方からは「介護の仕事の魅力について再認識することができました。一般の方の来場もあり、介護の魅力を広める意味でも今後もイベントを継続していただけたらと思いました」といった声をいただきました。卒業生からも「忙しく仕事をしていると忘れがちな『想い』の大切さを改めて感じた」といった声がありました。

 在校生もこのイベントに取り組み、「いつかは自分が介護の現場で上に立ち、新しい介護の道を切り開いて、たくさんの高齢者の夢を叶える介護福祉士になりたい」、「イベントに参加し、こんなにたくさんの人が介護に対して一生懸命に取り組んでいることを知りました。私も介護の魅力を多くの人に伝えることができるように成長したいと思いました」といった感想を語り、介護への想いをより一層深くしました。

大阪保健福祉専門学校 事務局 広報 中嶋 梓)

PAGE TOPへ