グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 注目のニュース > 「卒業進級制作展 we are TCA 2018」が幕張メッセ国際展示場で開催

グループ各校からのお知らせ:グループ各校からのお知らせ

一覧に戻る

「卒業進級制作展 we are TCA 2018」が幕張メッセ国際展示場で開催

2018.02.28

〈各学校の新着情報〉 東京コミュニケーションアート専門学校(エコ)東京コミュニケーションアート専門学校(クリエーティブ)

4836501

「we are TCA」の会場、張メッセ国際展示場11ホール)

 2月2日(金)・3日(土)に、東京コミュニケーションアート専門学校(クリエーティブ分野、エコ分野)の卒業進級制作展「we are TCA  2018」が、幕張メッセ国際展示場で開催されました。広い会場には、クリエーティブ分野の企業プロジェクト作品がズラリと展示され、会場内に設置されたステージでは企業プロジェクトの審査が終日行われました。またエコ分野の学生たちは、犬や小動物、馬やハ虫類の工夫を凝らした動物展示を行い、来場した高校生や留学生に大人気でした。また、業界で活躍する卒業生やクリエーター、企業の方々など多数が来場し、1年間の集大成である学生作品に高い評価をいただきました。

 クリエーティブ分野は、マンガ・コミックイラスト・ライトノベルワールド、ゲーム・CG・アニメワールド、デザインワールド、スーパークリエーターワールド、自動車デザインワールドの6ブースに、滋慶学園COMグループの産学協同連携の柱である、33もの企業・団体からいただいた企業プロジェクト作品がズラリと展示されました。さらに、デビュープロジェクト、卒業/進級制作、ゼミ制作の課題が展示され、スーツに身を包んだ学生たちが自分の作品の前に立ち、来場者に作品をプレゼンテーションしました。

  • 迫力ある「東京ゲームショウ」プロジェクト作品

  • 来場者に作品をプレゼンテーション

  • 企業プロジェクト作品は商品化される作品も多数

 エコ分野は、環境ワールド、ペットワールド、動物ワールド、海洋ワールド4つのブースに、研究や作品の展示に加え、犬や馬、小動物、爬虫類に熱帯魚などの多くの生きものも展示し、ふれあいやショーなどを通して日頃の学習成果を披露しました。来場した高校生や留学生たちは、ドッグトレーニングやトリミング体験などを通して、普段はできない動物たちとのふれあいを楽しんでいました。

  • 動物とのふれあいを楽しむ高校生

  • 大きな動物も展示

  • 美しいアクアリウム作品

企業プロジェクトの審査・表彰

 会場内のプレゼンテーションステージでは、2日間にわたり、様々なプレゼンテーションが行われました。クリエーティブデザイン分野では、株式会社角川ゲームス、株式会社学研ホールディングス/株式会社学研ステイフル、株式会社JVCなど7つの企業プロジェクトの最終プレゼンテーションが行われ、学生たちは企業担当者、プロのクリエーターどの審査員を前に、緊張しながらも自らの作品を堂々と発表しました。動物分野では、卒業生によるモンキーパフォーマンス、在校生のドッグショーが行われ、楽しいショーに会場が大きな歓声に包まれました。

 また、1年間のプロジェクトや活動を通し、独創性が高く将来の活躍が期待される研究ならび制作に対して贈られる滋慶教育科学研究所(JESC)の最終プレゼンテーションが2日(土)に行われ、奥山清行名誉学校長(デザイン分野)、篠塚正典学校長、副校長、教育顧問の先生方と滋慶学園グループ 浮舟邦彦総長といった審査委員の前で、最終審査に残った学生が作品のプレゼンテーションを行いました(受賞者は卒業式にて表彰されます)。

  • エコ分野のプレゼンテーション

  • クリエーティブデザイン分野のプレゼンテーション

  • 学校長、副校長、教育顧問の先生方による審査風景

 終了後には、クリエーティブ・デザイン分野の代表プレゼンテーターの学生3名と、奥山清行名誉学校長が「これからのクリエイターに必要は創造力マネジメント力」と題した座談会を開催しました。日本を代表するプロダクトデザイナーである奥山先生の話が聞ける貴重な機会とあって、在校生、卒業生、講師をはじめ、保護者、クリエーターの方々など立ち見が出るほどの大盛況でした。

  • 奥山名誉学校長と学生3名による座談会

  • 学生作品にアドバイスをする奥山名誉学校長

PAGE TOPへ