グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 注目のニュース > 【東京福祉専門学校】 介護福祉士科 合同就職説明会をイノベーション  より良いマッチングを図る!

グループ各校からのお知らせ:グループ各校からのお知らせ

一覧に戻る

【東京福祉専門学校】 介護福祉士科 合同就職説明会をイノベーション  より良いマッチングを図る!

2018.06.13

〈各学校の新着情報〉 東京福祉専門学校

4973701

合同就職説明会。学生と施設担当者様との距離が近く、みんな真剣な眼差し

 東京福祉専門学校・介護福祉士科では5月29日(火)、東京都江戸川区内の10法人を含む15の企業・法人に来校いただき、合同就職説明会を実施、約60人の学生が参加しました。

 従来の形式を見直してより良い合同就職説明会にイノベーションしよう!と、事前に企業や施設の皆様との打ち合わせを重ね、「介護福祉士としてイキイキと永く働き続けるため、施設と学生の良いマッチングを図る機会とする」ことを目的として実施しました。

 【事前準備をふくめた説明会の流れ】
 1.学生へのアンケートを開催前に実施
 (入職者に何をもとめるか等、企業・法人の施設に対する質問)
 2.質問をまとめ施設へ送付
 3.施設からの回答
 4.回答を学生が確認
 5.学生は関心のある3社を選び、優先順位をつける
 6.当日、上記3社の説明を15分ずつ受ける(最低3社)
 7.その後「おかわりTIME」
 8.学生は「受験したい」「見学に行きたい」「もっと詳しく聞きたい」の3種類のカードそれぞれを企業に提出

 以上の流れのように事前にアンケートを実施し、担当者へのちょっと聞きづらい質問をカードにしてブースにセット。学生は時間を区切って、自分が選んだ3か所のブースを回ります。

 各ブースでは笑いが絶えず、質問が飛び交う説明会が行われていました。「おかわりTIME」では、再度同じところに聞きに行く学生も、別のところの説明を聞きに行く学生もいました。

  • SOMPOケアグループのブースの様子

  • 卒業生の宮本隆史さん(奥の男性)がCOOを勤める社会福祉法人「善光会」のブース

 最後に学生は「受験したい」「見学に行きたい」など3種類のカードを気になる事業所へ渡します。1社に絞ってカードを渡す学生もいれば、たくさんの法人に提出する学生もいました。留学生は20名ほど参加しましたが、学生の目の輝き、真剣さが印象的でした。

滋慶学園グループの付帯施設、ケアホームズ両国。リラックスして参加しました

 学生に聞いたところ、「普段一緒に勉強している仲間と話が聞けると緊張せず、聞いてみたいことが聞けました。見学してみたい事業所がいくつも見つかりました!」との声が聞かれました。

 また、各施設担当者からは「大きな説明会では、介護について1からの説明になりますが、目的意識が高い専門学校の学生なので、短時間で伝えたいことが話せました」という感想をいただきました

 双方、有意義な時間を過ごすことができたようです。「受験したい」というカードが使用された数は21枚。「見学希望」のカードは、延べ42枚が使われました。これからの活動に活かします。

 江戸川区には介護福祉士を目指す学生への育成給付金制度があり、就職年次生の中にも14名が利用をしています。昨年の江戸川区内での就職者は4名(制度利用者は0)でしたので、この制度を業界とともにうまく活用し、介護福祉士の希望者を増やしていきたいと思います。

東京福祉専門学校ケアワーク学部 学部長 高橋 利明)

PAGE TOPへ