グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 注目のニュース > 【新大阪歯科衛生士専門学校】 涙あり笑顔ありの戴帽式が行われました

グループ各校からのお知らせ:グループ各校からのお知らせ

一覧に戻る

【新大阪歯科衛生士専門学校】 涙あり笑顔ありの戴帽式が行われました

2018.11.22

〈各学校の新着情報〉 新大阪歯科衛生士専門学校

385101

厳粛な雰囲気の中、挙行された戴帽式

 新大阪歯科衛生士専門学校 第15期生の戴帽式が11月4日(日)、大阪府吹田市のホテルで挙行され、昼間部、夜間部をあわせ計126名の学生たちが、臨床実習を前に決意をあらたにしました。

 この戴帽式は、学生が医療人として現場での臨床実習に臨むまえに、歯科衛生士の仕事に対する意識を高め、その責任の重さを自覚するための式典です。

 厳粛な雰囲気の中、戴帽式が始まりました。

 先生たちが1人ひとりにキャップをつけます。なかには、様々な感情がこみあげ、涙を流す学生の姿もありました。 

 熊本県出身の学生による誓いの言葉。入学当初は親元を離れたことで寂しい思いもしましたが、本校で出会った仲間が心の支えとなった、と振り返っていました。

  • 厳粛な雰囲気の中で行なわれた戴帽式

  • 誓いの言葉

 式典が終わると、学生たちは先程までの表情とは打って変わって、和やかな表情に。学生から担任の先生へサプライズプレゼントをしたり、学生同士で写真を撮り合ったりと、とても良い雰囲気でした。

 臨床実習では、上手くいかない事や、壁にぶつかる事もあるかと思います。
 
 そんな時こそ、本校で出会った仲間と励まし合い、この日の誓いと笑顔を忘れることなく、15期生全員で乗り越えられることを願っています。

 涙あり、笑顔ありの素晴らしい戴帽式となりました。

  • 笑顔の戴帽生

  • 担任の先生と記念写真

新大阪歯科衛生士専門学校 事務局 広報担当 榎本 雅一)

PAGE TOPへ