グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 産学連携/コンテスト > 宮崎県新富町『黄金千貫』を使用したデザート開発

グループ各校からのお知らせ:グループ各校からのお知らせ

一覧に戻る

宮崎県新富町『黄金千貫』を使用したデザート開発

2021.02.19

〈各学校の新着情報〉 福岡キャリナリー農業・食テクノロジー専門学校

SDGs
2.飢餓をゼロに
4.質の高い教育をみんなに
12.つくる責任つかう責任
17.パートナーシップで目標を達成しよう

 宮崎県児湯(こゆ)郡新富町は、米や野菜、メロンやライチ、茶、洋らんなどの栽培、養鶏・肉用牛・酪農など畜産が盛んな「野菜と畜産の町」です。特産品のひとつ、サツマイモの『黄金千貫(こがねせんがん)』は、芋焼酎の原材料に使われるサツマイモのなかでも理想的と評される品種で、新富町産の『黄金千貫』は酒造会社から高い評価を得ています。
 しかし、新型コロナウイルスの影響で、焼酎が減産。そこで、新富町から用途が焼酎やかりんとうなどに限られている『黄金千貫』を使用した、新しいデザートの開発の依頼がありました。内容は、持ち帰りができる焼菓子、ケーキやデザート、その場で食べられるスナック菓子やアイス類です。

 この課題に取り組んだのは、製菓・製パン科パティシエ、製菓&調理、スーパーヴァンドゥーズコース2年生。3回の試作を経て、完成した商品を新富町役場へ送りました。プレゼンテーション当日は、新富町役場と学校をオンラインで繋ぎ、小嶋崇嗣町長をはじめとした審査員3名に実際に商品を召し上がっていただきながら、画面越しに学生たちが作品の説明を行いました。

 その結果、11作品の中から4作品が選ばれ、商品化が予定されています。

● 連携先:宮崎県児湯郡新富町町役場
● 学科・専攻・コース・学年:製菓・製パン科 パティシエ、製菓&調理、スーパーヴァンドゥーズコース2年
● 取り組み期間:2020年12月2日(水)〜2021年1月22日(金)

福岡キャリナリー製菓調理専門学校

PAGE TOPへ