グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 産学連携/コンテスト > プランニングマーク 史実に基づく震災復興ラジオドラマ 制作プロジェクト

グループ各校からのお知らせ:産学連携/コンテスト

一覧に戻る

プランニングマーク 史実に基づく震災復興ラジオドラマ 制作プロジェクト

2022.08.04

〈各学校の新着情報〉 仙台スクールオブミュージック&ダンス専門学校

51896001

収録風景

SDGs
4.質の高い教育をみんなに
9.産業と技術革新の基盤をつくろう

 2011年3月に発生した東日本大震災から 11年余り。未曾有といわれる大災害に見舞われた宮城県ですが、奇しくも 410年前、伊達政宗公の時代に仙台藩は「慶長三陸地震」という、大津波の災害に遭遇していました。その仙台藩を舞台とした史実に基づく復興のエピソードを多くの人々に知ってもらうため、復興支援の一環としてラジオドラマの制作課題に取り組みました。

 史実に基づく作品のため、稽古開始からの1か月半、歴史研究と台本分析、自主練習を重ね、1時間12分37秒のラジオドラマを完成させました。

 完成した作品は『孫兵衛の川と黒い船 〜慶長復興物語』。12月5日に仙台のコミュニティFM「ラジオ3」にて放送されました。リスナーからは「史実のようだが、映画のようなエンターテイメント性を感じた」、「感動をありがとう。再放送をリクエストしたい」といったコメントをいただくなど、好評を得ることができました。

 その後、ドラマのフルバージョンがyoutubeでもアップされました。歴史ラジオドラマシリーズの前作が1年間で約500回の再生回数だったのに対し、今回の作品は1か月で360回を超え、約9倍のペースで再生回数を伸ばすなど反響の大きさがうかがえました。歴史ラジオドラマのテーマ「地域の歴史の次世代への継承」にも貢献できたのではないかと感じています。

  • 作品ロゴ

  • 稽古風景

  • 宣伝のためラジオ出演

● 連携企業:プランニングマーク
● 学科・専攻・コース・学年:音楽コミュニケーション科 アクター・声優ワールド 1・2年
● 取り組み期間:2021年9月3日(金)~11月25日(木)

PAGE TOPへ