グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 注目のニュース > 【東京ベルエポック製菓調理専門学校】地域活性化へ江戸川区に新名物誕生!「江戸川グリーンカレー」を共同開発

グループ各校からのお知らせ:注目のニュース

一覧に戻る

【東京ベルエポック製菓調理専門学校】地域活性化へ江戸川区に新名物誕生!「江戸川グリーンカレー」を共同開発

2012.11.22

〈各学校の新着情報〉 東京ベルエポック製菓調理専門学校

20121122

江戸川祭で東京ベル調理製菓の調理師科1、2年生が「江戸川グリーンカレー」を販売

江戸川区に新名物誕生!「江戸川グリーンカレー」

「江戸川グリーンカレー」は、東京ベルエポック製菓調理専門学校調理師科とライスショップ神田さんが、江戸川区の名産・小松菜を使った料理で地域の活性化を図ろうと開発されました。

10月7日、都内でも最大級といわれ、約2万人が集まる江戸川区民祭で、調理師科1,2年生が「江戸川グリーンカレー」を販売しました。前日から1000食分の仕込をして当日に臨むという大変な作業。

午前中はあいにくの雨で売れ行きもイマイチでしたが、午後からは雨もあがり、徐々にお客様が集まり始め、好評のうちに終了しました。

今回の販売を通して、学生たちは自分が作った料理をお客様に食べてもらう喜びを再確認し、調理師になりたいと思った原点を思い出したのではないでしょうか。販売終了時の達成感に満ちた笑顔に、調理師に必要な身構え・心構えがしっかり見て取れました。

  • 20121122sub01

    学生が開発した「江戸川グリーンカレー」。名物になれるか!

  • 20121122sub02

    賑わいをみせる江戸川区民祭

  • 20121122sub03

    小松菜を調理する学生たち

  • 20121122sub04

    さあさあ「おいしいよ!」

トップパティシエ・及川太平シェフの特別授業を開講

東京ベルエポック製菓調理専門学校パティシエ科2年生の特別授業に、日本を代表するトップパティシエ・及川太平(おいかわ・たいへい)シェフが来校されました。

及川シェフは、神奈川県横浜市にある「アン・プチ・パケ」のオーナーシェフ。これまでにアルパジョンコンクール金賞、第2回シャルルブルーストコンクール(全国大会)第2位、第2回SOPEXAコンクール(第2位)、1995年、1997年にはパティシエ界のW杯と言われるクープ・デュ・モンドで、団体部門2位(1995年)3位(1997年)、個人部門では第1位に輝くなど、数々の受賞歴があり、学生たちにとっては、まさに憧れであり目標の人。今回の特別授業では、及川シェフのオリジナルメニューを2品、教えていただきました。

デモンストレーションを終え、実習室に入ると、各実習台をまわり、直接、学生を指導する及川シェフの姿は熱血漢そのもの。

出来上がったケーキは、教育提携を結んでいるヴァローナ社のチョコレートを使用した「ショコランジュ」と紅茶の香りが漂う焼き菓子の「パンテール」です。

講義の最後には、及川シェフご自身の経験談や社会に出てからの心構えなどについて話され、熱いエールを送ってくれました。

実は及川シェフには入学式でも業界講話をしてもらっており、その時の学生が1年半たって成長した姿を見てもらうことが出来ました。感慨もひとしおの特別授業となりました。

パティシエ科 岡本)

  • 20121122sub05

    及川シェフから直接、熱血指導を受ける学生たち

  • 20121122sub06

  • 20121122sub07

  • 20121122sub08

    「ショコランジュ」

PAGE TOPへ