滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 「第19回JESC学会」開催 さらなる質向上へ教科研究など14題を発表

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

「第19回JESC学会」開催 さらなる質向上へ教科研究など14題を発表

2012.12.20

pic01

大阪国際会議場で開かれた「第19回滋慶教育科学学会」

「実学教育」「人間教育」「国際教育」を建学の理念に掲げる滋慶学園グループの「第19回滋慶教育科学学会」が12月11日(火)、全国のグループ校のベテランから若手までの教職員ら約330名が参加して大阪国際会議場で開かれました。

滋慶学園グループの研究・研修を行なう滋慶教育科学研究所(JESC)がグループ校における教育の質の向上をめざすとともに、教職員の研鑽の場として毎年主催しているもので、研究発表やケーススタディ発表14題と、グループ各校の教職員が集い教科研究に取り組む医療教育部会やスポーツ科学教育部会、パフォーマンスアート教育部会など10教育部会からの活動報告が行われました。

またグループを挙げて全教科100%合格への取り組みを強化する国家試験対策センターから活動報告などが行われ、これらの模様は各地の学校にいる教職員にTV中継されました。
研究発表・ケーススタディ発表は、大阪大学名誉教授の近藤雅臣JESC所長の司会で進められ、浮舟総長をはじめ、滋慶医療科学大学院大学の坂本学長や学校長、特別顧問団ら各分野におけるオーソリティが居並ぶ中、それぞれの発表が行なわれました。

 

女子高生アイドル『SO.ONproject』にJESC奨励賞
6番目に登壇した大阪スクールオブミュージック高等専修学校教務部の稲村明子専任部長は「女子高生アイドル『SO.ONproject』の教育的効果」について発表。入学時には、大半が中学時代に不登校を経験するなど苦しんでいた学生たちが独自の実践的音楽教育を通して、どのように変貌していったかを報告しました。

同校では、音楽業界で通用するアーティストに育成するために、まず学業の一環としてアイドルユニット「SO.ONproject」を立ち上げました。音楽の基礎を学びながら生徒たちはユニットのメンバーとして様々なライブ活動に参加したり、FMラジオでの番組制作に携わったり経験を積んでいきます。

そうした活動を続ける中、チームの一員としての自覚が芽生え、自信が生まれ、それぞれが自己を確立していきます。そしてついにセーラー服が似合う黒髪の少女として今夏行われたあこがれの音楽舞台「SUMMER SONIC2012」に出場を果たすのです。

  • sub01

    座長の近藤所長(左)

  • sub02

    講評を行う浮舟総長

  • sub03

    次々と研究や事例の発表

  • sub04

    質問に立つ教員

報告で映像を見せながら稲村先生は、中学時代に不登校になり入学後も母親との会話がなかったメンバーの一人がある日帰宅すると、「お母さん、学校楽しいよ」と話しかけ、母親をうれし涙でまみれさせたエピソードなどを交えながら報告。実践的な音楽教育を通して、夢を描き、チームの中でもまれることによって人間的にも技術的にも大きく伸び、「他人のためなら頑張れる!」と素晴らしい笑顔で言えるまでに成長することを証明。最も優れた教育成果に与えられるJESC学会奨励賞が近藤所長から稲村先生に贈られました。

TCA自動車デザインの藤村顧問とTSMなど音楽系の池末副校長に教育功労賞
また、美容師の国家試験合格率が全国平均48.8%のなか、通信課程でありながら83.1%と前年から24.8ポイントも合格率を引き上げたベルエポック美容専門学校美容師科通信課程の「美容師国家試験合格率向上への取り組み~情と理~」を発表した黒崎洋平先生にJESC学会努力賞が、土日や休み期間中など学校の施設の空き時間を利用してスポーツクラブを創設、地域連携をとりながら学生の成長を図ってきた東京スポーツ・レクリエーション専門学校教務部の「総合型地域スポーツクラブCLUB-TSRの教育的効果」を発表した高平敦部長にJESC審査員特別賞が、それぞれ贈られました。

さらに、この10年の間に、卒業生の半数近くを内外の一流自動車メーカーとその関連会社に就職させ、「自動車デザイン科における『グローバル人材の育成』」を発表した東京コミュニケーションアート専門学校自動車デザイン科の藤村敬直教育顧問と、「ゴスペルアンサンブル キャリア教育プログラム」を発表し、豊かな人間力と感性をもつ学生たちを育ててきたTSMなど音楽芸術系グループ校の池末信副校長にそれぞれ教育功労賞が贈られました。

  • sub05

    ゴスペル活動を発表する池末副校長

  • sub06

    近藤所長から奨励賞を贈られる稲村部長

  • sub07

    浮舟総長から教育功労賞を受ける藤村顧問

PAGE TOPへ