滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 大阪滋慶学園の5校合同入学式 新入生代表がテーマ掲げて決意表明

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

大阪滋慶学園の5校合同入学式 新入生代表がテーマ掲げて決意表明

2013.04.09

201304092

ホテルニューオオタニ大阪で行われた大阪滋慶学園5校合同の入学式。後方は大勢の保護者で埋まった

「共信・共進・共創」をテーマに大阪滋慶学園の大阪医療技術学園専門学校大阪ハイテクノロジー専門学校大阪保健福祉専門学校大阪医療福祉専門学校大阪医療看護専門学校の5校合同入学式が4月4日(木)、大阪市中央区のホテルニューオオタニ大阪で挙行されました。来賓や保護者らを合わせて約2500名が出席しました。

5校を代表して大阪ハイテクノロジー専門学校大阪保健福祉専門学校の学校長、近藤雅臣・大阪大学名誉教授が「実学教育」「人間教育」「国際教育」という建学以来の滋慶学園の教育理念についてふれた上で「人生には必ず壁があります。壁はこれを破ろうとする人の前だけに現れるものです。ですから壁にぶつかってもオウッ来たかと前向きに受け止め、堂々と打ち破って前進して下さい」と訓示しました。

理事長でもある浮舟総長は「皆さんは将来への夢を持って本学園に入って来られました。今一度、なぜこの学校に入学してきたのかを自らに問うて下さい。今一度、自らの将来の姿を明確にイメージし、皆さんが選んだ業界で将来活躍していくための基礎・基本をこの学校で学ぶのだという思いをしっかりと持って下さい。そしてスペシャリスト、テクノロジストとして生きていくための身構え、気構え、心構えを養って下さい」と歓迎の言葉を述べました。

海外提携校からは米国カリフォルニアにある公立のセリトス・カレッジのジョアナ・シリング副学長と、中国唯一の医療器械の専門家養成校である上海医療器械高等専科学校、傳志中副校長、上海理工大学医療器械学院の鄭建立副院長らが列席。シリング博士と傳副校長からの祝辞や多数の医療機関、団体からの祝電披露のあと、5校の入学生代表が学園生活を前に、それぞれの決意を宣誓しました。

  • 201304092sub01

    学園生活のテーマを掲げて決意表明する各校代表

  • 201304092sub06

    セリトス・カレッジのジョアナ・シリング副学長

  • 201304092sub07

    上海医療器械高等専科学校の傳志中副校長

「前進」
大阪ハイテクノロジー専門学校柔道整復師学科、浪花瞳さん(大阪府立伯太高等学校卒)
「私は地域で身近な医療に携わりたいと思い柔道整復師になることを決めました。進路を決めるまでにはいろいろと悩むこともありましたが、オープンキャンパスで先生方と先輩たちのキョリが近いと感じた大阪ハイテクノロジー専門学校を選びました。今日からの学校生活は私にとって楽しみでもあり、冒険の始まりです。柔道整復師への道のりは勉強だけではなく、コミュニケーション能力や思いやり、相手の気持ちを汲み取る力が必要です。そのためにクラブ活動やボランティアなどの行事に積極的に参加したいと考えています。冒険の先には必ず国家試験の合格が待っていると信じ、突き進むことを誓います。学園生活のテーマは前進です」


大阪ハイテクの浪花瞳さん

「両立」
大阪保健福祉専門学校社会福祉科、黒木憲成さん(宮崎県立高原高等学校卒)
「私は慣れ親しんだ宮崎を離れ、大阪保健福祉専門学校で社会福祉士、精神保健福祉士をめざします。高校で介護福祉の知識や技術を学び、60日間の実習を通して多くのお年寄りとふれ合い、沢山のことを学びました。高齢者に対する専門的知識を高めたいと思い、社会福祉士をめざす決意を固めました。これからは大阪保健福祉専門学校で学びと共に人間としての成長も果たしたいと思っています。学園生活のテーマは両立です」


大阪保健福祉の黒木憲成さん

「成長」
大阪医療看護専門学校看護学科、鶴本紗良さん(大阪市立南高等学校卒)
「私が看護師を志そうと思ったきっかけは小学生の頃、看護師だった母が道で倒れている人を助けている姿を見たことがきっかけでした。その時、その人はどうなってしまうのだろうと、不安な気持ちで遠くから見ていることしか出来ませんでした。しかし困っている人に手をさしのべ助けようとしている母の姿に感動し、あらゆる場面で迷いなく自信を持って行動できる看護師になりたいと強く思うようになりました。夢の実現に向けて、確かな知識や技術を身につけ、患者の皆さんの思いに寄り添っていける看護師を目指して精一杯頑張っていきます。専門学校生活のテーマは成長です」


大阪医療看護の鶴本紗良さん

「覚悟」
大阪医療福祉専門学校理学療法士学科、松野下奨さん(鹿児島県立加世田高等学校卒)
「高校で野球の新チームがスタートするときに急に肩、ひじ、腰を同時に痛めてしまい、楽しみにしていた秋の大会までを棒に振ってしまいました。怪我のせいで思うように野球は出来ず、試合にもロクに出れず、絶望的でした。そんな中で出会ったのが理学療法士という仕事でした。リハビリに通うにつれて、身体の痛みが少しずつ軽くなっているのを感じました。冬のトレーニングに入る頃にはほとんど痛みは無くなり皆と同じメニューに取り組むことが出来、春の大会からはレギュラーとして頑張ることが出来ました。希望の光を与えてもらいました。もともと人の役にたつ仕事に着きたかったこともあり、身をもって理学療法士になりたいと思いました。この学校で日々努力することを怠らず、沢山の方々に笑顔を、そして希望の光を与える理学療法士になれるように精一杯精進します。鹿児島から笑顔で送り出してくれた両親のためにも頑張ります。私のテーマは覚悟です」


大阪医療福祉の松野下奨さん

「信頼」
大阪医療技術学園専門学校医療秘書・情報学科の沙々木杏奈さん(大阪府立阿倍野高等学校卒)
「私が医療秘書の仕事をめざすきっかけになったのは、母に勧められて興味を持ったからです。昔からよく風邪をひき病院のお世話になっていました。そのときに受付の受付のお姉さんがやさしく接してくれたこともあり、私も患者さんを安心させられる人になりたいと思いました。私は在学中に多くの資格を取得し、将来、より活躍できるようにしたいです。そして夢の仕事に着いた時、地域の方々にあなたがいてくれるから安心して来れると言われるような人になりたいです。一緒に学ぶ仲間と切磋琢磨し最高の2年間を過ごしたいです。私の専門学校生活のテーマは信頼です」


大阪医療技術学園の沙々木
杏奈さん

式典2部では在校生や卒業生から研究発表や同窓会活動の紹介などが行われました。

PAGE TOPへ