滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 福島選手、日本陸上選手権で3年連続の100m、200m2冠を達成 北風選手も復活の3位

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

福島選手、日本陸上選手権で3年連続の100m、200m2冠を達成 北風選手も復活の3位

2013.06.10

 滋慶学園グループの北海道ハイテクACに所属する福島千里選手らが6月7日(金)-9日(日)に東京味の素スタジアムで行われた世界選手権モスクワ大会の代表選考会を兼ねた第97回日本陸上選手権大会に出場。福島選手は100m、200m共に優勝を飾り、3年連続2冠を達成しました。また北風沙織選手が100mで3位に入賞する活躍をみせてくれました。

 福島選手と北風選手は7日の100m予選3組に出場、ワン・ツーフィニッシュを決めて決勝に進出。8日の決勝で福島選手はぶっちぎりの11秒41でゴールしこの種目4連勝を達成しました。北風選手は埼玉栄高校の土井杏南選手と同着の11秒74で見事、復活を果たして3着に入りました。福島選手は9日夕に行なわれた200mでは、外寄りの7レーンを快走、世界選手権参加標準記録Bを突破する23秒25で3連覇を果たしました。

 23秒30のB標準を突破して、福島さんは「最低限の目標はクリアできたかなと思います。100mは反省するところがいろいろとありましたが、200mはいい塩梅の気持ちで入ることができました」と話していました。

 また、100mハードルに熊谷史子、寺田明日香、野村有香の3選手が出場。熊谷選手が決勝に進出し、13秒58の7位と健闘しました。

 皆さま、応援ありがとうございました。

PAGE TOPへ