滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 平成25年度 国家試験対策研修会(関東地区)を実施

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

平成25年度 国家試験対策研修会(関東地区)を実施

2013.06.25

関東地区研修会を皮切りに全国4地区で実施

関東地区研修会を皮切りに全国4地区で実施

6月15日(土)、ホテルサンルートプラザ東京にて、国家試験対策研修会(関東地区)が行われました。
東京医薬専門学校東京福祉専門学校東京メディカル・スポーツ専門学校埼玉福祉専門学校日本医歯薬専門学校新東京歯科技工士学校新東京歯科衛生士学校埼玉ベルエポック製菓調理専門学校仙台医健専門学校の国家資格系学科の責任者、教務スタッフら合計106名が参加し、「国家試験合格率の向上に向けて」をテーマに研修を行いました。

午前10時に始まった研修会は、滋慶学園グループ浮舟邦彦総長から「国家試験合格のための7つの視点」についての講演からプログラムがスタートしました。続いて、「平成24年度国家試験合格100%を達成した関東地区10学科表彰式」、国家試験対策センターより「平成24年度国家試験対策アンケート結果報告」(稲岡隆輔センター長)と、「専門基礎テスト結果報告」(国家試験対策センター 一宮頼子専門委員)が行われました。昼食を挟んで午後のプログラムは、国家試験対策センター 谷康平専門委員による「問題分析の手法」をテーマにした講演の後、関東地区では「アクティブラーニングによる学生指導〜『学ぶ力』のワークショップ」が行われ、学生が受講したワークショプと同様に、参加者がランダムに17グループに分かれて体験、「MPI性格検査による自他の理解」、「グループ学習の体感」、「記憶の可能性、記憶のメカニズム、記憶への挑戦」を行い、各校、各学科で実際に資格試験対策に活かすヒントを学びました。

  • 滋慶学園グループ 浮舟総長「国家試験に合格するためのステップを通して、学生のみなさん一人ひとりが社会人、職業人としての将来の生き方を学んでほしいと思います。まさにこれはキャリア教育です」

    滋慶学園グループ 浮舟総長
    「国家試験に合格するためのステップを通して、学生のみなさん一人ひとりが社会人、職業人としての将来の生き方を学んでほしいと思います。まさにこれはキャリア教育です」

  • 国家試験対策センター 稲岡センター長「グループ全体で19種ある国家試験合格率を100%に近づける、前人未到のチャレンジです。何をすべきかを考え、滋慶学園グループ全員の力を結集して臨みましょう」

    国家試験対策センター 稲岡センター長
    「グループ全体で19種ある国家試験合格率を100%に近づける、前人未到のチャレンジです。何をすべきかを考え、滋慶学園グループ全員の力を結集して臨みましょう」

今年度からは、滋慶教育科学研究所(JESC)の国家試験対策センターに稲岡隆輔センター長が就任、学園の国家試験対策の体制を固めるとともに、8月よりJ-WEB(統合型e-learningシステム)のスマートフォン展開など、サポートシステムの充実を図っています。教職員も研修会や勉強会を行い、滋慶学園グループ全体のエネルギーを学生一人ひとりに注ぎ、国家試験合格率の向上へ取り組んでいきます。

  • 一宮専門委員

    一宮専門委員

  • 谷専門委員

    谷専門委員

  • アクティブラーニングを受講する教職員

    アクティブラーニングを受講する教職員

平成24年国家試験合格100%達成学科 表彰式

関東地区10学科の代表者に、浮舟総長より表彰状が授与されました。

Webセンター

PAGE TOPへ