滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 東京都江戸川区と「災害時における医療救護施設の提供に関する協定」を締結しました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

東京都江戸川区と「災害時における医療救護施設の提供に関する協定」を締結しました

2016.04.27

3397301

浮舟総長と江戸川区危機管理室の淺川室長と協定書を取り交わしました

 学校法人滋慶学園(代表校:東京スポーツ・レクリエーション専門学校)は、東京都江戸川区と「災害時における医療救護施設の提供に関する協定」を締結しました。4月25日(月)、江戸川区役所にて調印式が執り行われ、浮舟総長、古島常務理事、結城エリア長の3名が出席しました。

 今回の協定により、江戸川区内で災害が発生したときに東京スポーツ・レクリエーション専門学校(TSR)の第2校舎を緊急医療救護所として提供し、医療機関と連携をとりながら被災者の救護を支援することになりました。

 

調印式②調印式後に滋慶学園グループの危機管理マネジメントが話題に上りました

 TSRでは、災害対策について、授業中に発生した場合、学内スポーツクラブ営業中に発生した場合を想定した避難訓練を実施してきましたが、今回の協定締結を機に、地域との連携も想定した避難訓練を実施していきます。

 調印式後は、熊本地震発生時に滋慶学園グループが直ちに対策本部を立ち上げて行った在校生とご家族の安否確認など、グループのネットワークを駆使した危機管理マネジメントが話題になりました。

(TSR広報センター 岡村 みなみ)

PAGE TOPへ