滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 福島千里さん 女子100mで日本陸上選手権7連覇 リオ内定決めました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

福島千里さん 女子100mで日本陸上選手権7連覇 リオ内定決めました

2016.06.25

001

100mを前人未踏の7連覇で制しリオへの切符を手に入れた福島さん。明日の200mを残しているものの、ほっと満面に笑みを浮かべてスタンドに手を振ってくれました

 雨にぬれナイター照明に照らし出された100mレーンは、リオに続く「回廊」となりました-。

 6月26日(土)、雨が降りしきる中、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで午後8時20分から行なわれた第100回日本陸上競技選手権大会の女子100m決勝に登場した北海道ハイテクACの福島千里さんは、「はやい!」「はやい!」という2万6800人の観客の声援を浴びて、悪コンディションにもかかわらず、スピードに乗ってレーンを駆け抜け、11秒45で優勝。日本選手権7連覇の偉業を成し遂げて見事、リオへの切符を手に入れました。北京、ロンドンに次ぐ3回連続のオリンピック出場は日本の女子短距離界にとっての快挙です。

 またこの日、100回大会を記念して過去に日本陸上選手権で優勝した35名の名選手が紹介されましたが、福島さんの7連覇は100回大会に花を添える形となりました。まさに”36人目”の名選手への仲間入りでしたが、トップアスリートとして中村宏之監督と共に、長年にわたって努力を積み重ね進化し続けてきたことの集大成だと言えるでしょう。

 恩師の中村宏之監督や北海道ハイテクACのチームメートから祝福を受けた福島さんは、「応援し支えてくれる人たちが居てくれて頑張ってこれました。そのおかげで7連覇できて幸せです。リオでは最高の試合を行ないたいと思います」と笑みを浮かべていました。

 

 福島さんの優勝が決まった瞬間、スタンドに応援に来ていた名古屋医健スポーツ専門学校などの教職員や、北海道の恵庭のパブリックビューイング会場で応援していた北海道ハイテクノロジー専門学校北海道メディカル・スポーツ専門学校などの教職員らからも歓声があがりました。自宅でTV観戦していた浮舟邦彦総長も「がんばりましたね」とねぎらいの言葉を発しました。

 福島さんは昨年から今年にかけて、オリンピックを睨んで練習を重ねてきました。昨年冬は男子チームに混じって例年にない厳しいトレーニングを行なったり、6月前半にはポーランド、スイスとヨーロッパ遠征を行い、外国勢にもまれても負けない強い気持ちを持てるように、肉体面の強化だけではなく、精神面も鍛えて来ました。

 4月29日の織田記念国際の予選後に、右ふくらはぎに軽い痙攣を起こし、その後のセイコー・ゴールデングランプリ川崎は大事をとって欠場、今大会直前のヨーロッパ遠征でも筋肉に違和感を感じる場面がありましたが、北海道ハイテクノロジー専門学校のスポーツトレーナーの教職員らのサポートもあって、この日、最後まで走りぬくことができました。
 22日に名古屋入りしてからは、軽いトレーニングをこなすだけで、無理はせず、24日の100m予選では3組に出場、後半は流す余裕を見せ11秒85でトップ通過しました。

  • 200m予選で鋭いスタートダッシュをみせる福島さん

  • 100m決勝でギアを上げる福島さん。このまま振り切ってゴールし7連覇を達成しました

 福島さんは、夜の100m決勝を前に午後2時35分から行われた200m予選の1組に出場、23秒27で他選手を大きく引き離してゴールしました。一息入れたあと、この日のメーンの男女の100m決勝を一目見ようとスタンドを傘で埋めた大観衆が固唾を呑む中、50mを越えるあたりからギアを切り替えてそのままゴールを走り抜けました。

 北海道ハイテクAC関係では、100mに北風沙織さん、110mHに前マネージャーの野村有香さん、走高跳に京谷萌子さんがそれぞれ出場、京谷さんは初日に行なわれた決勝で1m78を3回目にクリアし、見事優勝しました。

 京谷さんは優勝インタビューで「まさか優勝できるとは思っていなかったので、とてもうれしいです」と優勝の感激に浸っていました。

 また、福島さんとともにリオの100m×4への出場が期待された北風さんは残念ながら、予選敗退におわりとても悔しがっていました。また、福井陸協に移籍を決めた野村さんは予選は勝ち抜きましたが、準決勝では地力を発揮できず、惜しくも敗退しました。野村さんの今後の活躍を期待したいと思います。

 なお、野村さんの後任のマネージャーは吉岡佳菜絵さんが担当します。

  • ハイテクACをひっぱる新マネージャー、吉岡さん

  • にぎわう日本陸上選手権の会場前

PAGE TOPへ