滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 東京・豊島区「豊かな食コンクール」で赤堀製菓カフェビジネス科Ⅰ部が優勝・準優勝しました!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

東京・豊島区「豊かな食コンクール」で赤堀製菓カフェビジネス科Ⅰ部が優勝・準優勝しました!

2016.08.26

36338_1

優勝は赤堀A①チーム。プロの目の前での調理は緊張であった様子

 赤堀製菓専門学校カフェビジネス科Ⅰ部の学生が、8月4日(木)に行われた豊島区主催の「“としま”豊かな食コンクール」の学生の部に出場し、見事、優勝、準優勝を果たしました。

 このコンクールは豊島区が主催し、毎年「一人でも多くの区民が食に関する意識を高め、献立作り等を通して、望ましい食習慣の形成を図るとともに、生涯にわたり心身の健康増進と豊かな人間形成に役立てることを」を目的として行われています。今年のテーマは「お米をつかった1品メニュー」です。

献立の規定は以下の通りです。
* 料理は未発表でオリジナルなものに限る
* 1人分の単価は350円程度
* 調理時間30分以内(盛り付け時間含)

 応募資格は豊島区民(区内在学、在住)で、「学生の部」「高校の部」の2つがあり、赤堀製菓の学生たちは、学生の部に出場しました。

 まずはこの献立のルールに従い、献立審査が行われました。献立審査を通過したチームは、2次審査の実技審査に進みます。

 その結果、赤堀製菓の2チームが最終選考に残り、「池袋WACCA キッチンスタジオLupe」での実技審査に挑戦することとなりました。

  • 今回のテーマは「お米を使った1品メニュー」。チームで試行錯誤しました

  • 決勝戦は、こんな素敵なキッチンスタジオで行いました

 両チームともに、学内の店舗実習スクールカフェで提供した作品です。赤堀A①チームのメニューは「ひじきごはんのお茶漬け」、赤堀A②チームのメニューは「野菜たっぷり栄養満点タコライス」です。

 審査員は「ホテルメトロポリタン」の料理長・中華料理責任者をはじめ、豊島区に密着した企業のプロフェッショナルの方々、また区民審査員にも審査をしていただきました。 

 最終審査の結果は、赤堀A②チームが優勝の栄冠を手にし、赤堀A①チームも準優勝に選ばれました。

 すばらしい環境の中で、チームワーク・コミュニケーション力を発揮し、メニューを仕上げていく経験を通して、学生たちは「達成感」や「食の仕事のやりがい」を学ぶことができました。

 このコンクールの様子は、8月下旬に豊島テレビで放送される予定です。

  • 完成品はこちら。見た目も綺麗にできました

  • 審査員の方々に厳正な審査をしていただきました

(赤堀製菓専門学校 広報センター 堀井 孝子)

PAGE TOPへ