滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 大阪で行なわれた全日本実業団対抗陸上 福島選手や北風選手が活躍しました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

大阪で行なわれた全日本実業団対抗陸上 福島選手や北風選手が活躍しました

2016.09.25

001

大阪で開かれた全日本実業団陸上。ワンツーフィニッシュまであとわずか、1位と5位でゴールした福島選手と北風選手の北海道ハイテクACコンビ

 第64回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会3日目の9月25日(日)、北海道ハイテクノロジー専門学校職員で北海道ハイテクACの北風沙織選手と福島千里選手が、大阪・長居のヤンマースタジアム長居で行なわれた女子100mに出場。共に予選1位で通過、福島選手はタイムも1位で、北風選手は同4位の好位置で共に決勝に進出しました。

 100m決勝は2時間のインターバルを置いて午後3時25分から行なわれ、北風選手が第4レーン、福島選手が第6レーンのスタート。福島選手はすぐにトップに出て、そのまま加速し11秒57で優勝、北風選手も踏ん張って11秒88の5位と健闘しました。

 このほか、女子走高跳の京谷萌子選手(東日本・知内高教)が1m75で優勝、野村有香選手(北陸・福井銀行)が100mHで4位入賞するなど、北海道ハイテクACゆかりの選手が滋慶学園グループ本部のある大阪の地で活躍してくれました。

004優勝インタビューに答える福島選手

 今大会は、多くのリオ五輪出場者がエントリーしており、スタート前には3大会連続のオリンピック出場を果たしたリオ大会での福島選手の200mでの走りがビジョンに映し出され、会場からは大きな拍手が湧き起こりました。今年、福島選手は6月に行なわれた五輪前の日本選手権で自ら持つ200mの日本記録を更新しており、今大会は100mに絞っての参加でした。福島選手自らが持つ11秒21の日本記録更新への会場の期待感も高まりましたが、直前にアイドル歌手チームと大学陸上部の女子チームが対戦するというTV番組の収録を兼ねたレースが行なわれ、アイドルファンからの歓声があがるなど、いつもと違った空気が会場を覆っていたことも微妙に影響したのでしょうか、記録更新は成りませんでした。

 優勝インタビューで、今後の方向性(東京五輪をめざすのか)を聞かれた福島選手は、「シーズンが終わってから、ゆっくりと考えます」と話していましたが、滋慶学園グループの応援メンバーらの表情は、会場を埋めたファンの方々とともに、これからも応援できる喜びがいつまでも続きますように、と心の中で祈っているようでした。

PAGE TOPへ