滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 【東京コミュニケーションアート専門学校】 2018年4月オープンをめざし新校舎の地鎮祭

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

【東京コミュニケーションアート専門学校】 2018年4月オープンをめざし新校舎の地鎮祭

2016.10.05

00DSC_0105-300x168

地鎮祭で挨拶を行なう浮舟総長

 東京コミュニケーションアート専門学校の新校舎建設に向けた地鎮祭が9月13日(火)、東京メトロ西葛西駅近くの建設予定地(江戸川区西葛西5丁目3−1−2)で行われました。完成時期は来年を予定しており、2018年4月よりクリエーターを目指す学生たちの新たな学びの拠点となる予定です。

 地鎮祭には浮舟総長、村上常務理事をはじめとした学園・建設関係者らが出席し、地元の宇喜田稲荷神社よりお招きした神主が祝詞を奏上、建設の無事と学校の繁栄を祈っていただきました。

 朝から大雨に見舞われましたが、式典後半には雨も止み、まさに「雨降って地固まる」地鎮祭となりました。

(東京コミュニケーションアート専門学校 事務局 広報部 東 妥衣子)

PAGE TOPへ