滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 東京ゲームショウ2017 東京コミュニケーションアート専門学校のVR出展作品に注目集まる!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

東京ゲームショウ2017 東京コミュニケーションアート専門学校のVR出展作品に注目集まる!

2017.10.06

4536701

日本最大ゲームの祭典で企業と取り組んだプロジェクト作品が多くの企業の皆様方から好評を得ました

 9月21日(木)から24日(日)までの4日間、千葉・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ 2017」。この日本最大のゲームの祭典に、東京コミュニケーションアート専門学校(TCA)は今年も出展し、ゲーム業界と共に学んだ教育の成果を発表しました。

 今回のTCAブースの目玉は、株式会社バンダイナムコエンターテインメントからの提供課題の VR(バーチャルリアリティ)ゲーム。こちらは同社が手がける「カタログIPオープンプロジェクト」の一環として、「パックマン」や「ゼビウス」など誰もが知っている人気ゲームキャラを使用して、ゲームを制作してみないかとの提案をいただき、昨年制作した同じコンセプトのゲームをもとに、新たによみがえらせた作品です。

  • 4536702

    バンダイナムコの人気キャラを使用したVRゲームは大人気

  • 4536703

    ブース内は学生のゲーム作品やイラスト作品がぎっしり展示されました

 

4536704準備から当日の運営までを学生が中心に行いました

 最新技術を駆使し、昨年度よりもバージョンアップしたVRゲームは、数多くの競合校が同じようにVRゲームを展示する中、懐かしのゲームBGMと併せ有名キャラが大画面でアクションを繰り広げているプロジェクトということで、近くを通る人たちの足をとめ、注目を集めました。

 TCAの展示は業界、一般にかかわらず非常に好評を得た結果となり、大成功をおさめました。開催中は整理券配布に長蛇の列が!
 大成功となった展示の様子は日経トレンディネットなどをはじめとして、各種ニュースサイトにも取り上げられています。
 
 この東京ゲームショウをきっかけに、企業からは新たなプロジェクトの提案や人材採用の提案など多くのご案内をいただき、これをきっかけに多くの在校生たちがクリエーターとしての一歩を踏み出す貴重な機会となりました。

(東京コミュニケーションアート専門学校 事務局 広報部 東 妥衣子)

PAGE TOPへ