滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 東京コミュニケーションアート専門学校(TCA) 自動車デザイン科 ランボルギーニ社などイタリア・ドイツへの海外実学研修報告(上)

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

東京コミュニケーションアート専門学校(TCA) 自動車デザイン科 ランボルギーニ社などイタリア・ドイツへの海外実学研修報告(上)

2017.10.07

4535901

フェラーリに代表されるイタリア最大のカロツェリアなどを訪問!

 東京コミュニケーションアート専門学校(TCA)の自動車デザイン科の学生たちが10月1日からイタリア、ドイツでのヨーロッパ海外実学研修に参加しています。イタリアといえば、フェラーリやランボルギーニをはじめとした名門自動車会社の発祥の地。ドイツは世界に誇る自動車メーカーが集まる国として、自動車ファンなら一度は訪れてみたいのではないでしょうか。そんな憧れの地で学生たちは自動車にまつわる様々な場所を訪れ学んでいます。イタリアでの研修の模様を伝える速報が学校に届いているのでご紹介します。

 10月1日(日)に成田空港を出発した学生たちは、イタリア・ミラノにあるマルペンサ空港に到着。研修初日はイタリアが誇るランボルギーニ社を訪問しました。同社では、ヨーロッパでの車づくりの歴史から、ランボルギーニの社史についてのレクチャーを受けました。
 ランボルギーニの車作りとそのこだわりについて、実物の車を見ながら、ガイドをしていただき、デザインの視点から見た車づくりなどについて総合的な話を聞きました。学生たちにとっては、世界の名車を通してカーデザインの機能美について、「気づき」のある貴重な時間となりました。

  • 4535902

    イタリア名門ランボルギーニ社を訪問

  • 4535903

    イタリアを代表する名車フェラーリ博物館も見学しました

 翌日はイタリア最大のカロッツェリア(自動車関連企業)のグループ企業「ピニンファリーナ」の見学です。
 ピニンファリーナの名は、自動車好きだけではなく、それ以外の人も1度は耳にしたことがあるはず。

 その作品でもっとも有名なのは歴代のフェラーリですが、ほかにも、船舶、モーターサイクル、時計、オフィスチェア、エスプレッソマシン、2006年トリノ五輪の聖火台とトーチにいたるまで、さまざまなプロダクトのデザインを手がけてきたイタリア最大のカロッツェリアとしても有名です。

4535904研修3日目はイタリア最大のカロッツェリア・ピニンファリーナ見学です

 また、フェラーリの歴史はピニンファリーナの歴史といっても過言ではありません。 フェラーリの生誕の節目や記念には必ずと言っていいほど、フェラーリの伝統の名車がピニンファリーナのデザインによって生まれています。 フェラーリをはじめ、マゼラッティ、ランチャ、アルファロメオなどの多くの高級スポーツカーのデザインを手がけている同社から、社史やカーデザインについてデザイナーから直接レクチャーを受ける事が出来ました。
 カーデザイナーを目指す学生たちにとっては、世界最高峰の現場でとても刺激的な講義を受けた貴重な一日となりました。

 研修の後半はドイツに移動し、メルセデス、アウディ、BMWと見学が続きます。その内容は後日お伝えいたします。

(東京コミュニケーションアート専門学校 事務局 広報部 東 妥衣子)

PAGE TOPへ