滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 【大雨対策本部からのお知らせ】 安全確保と学校からの連絡にご注意下さい

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

【大雨対策本部からのお知らせ】 安全確保と学校からの連絡にご注意下さい

2018.07.06

学生、保護者、教職員の皆さまへ

滋慶学園グループ大雨対策本部

滋慶学園グループ台風対策本部(近畿地区)は7月6日(金)午前9時、全国地区の大雨対策本部に切り替えました。

大雨対策本部からの注意情報です。

 前線が東日本から西日本に停滞し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発になり、東日本から西日本では記録的な大雨となっている所があります。
 前線は8日にかけて東日本から西日本に停滞するため、雷を伴った猛烈な雨が断続的に降り、広い範囲で記録的な大雨となるおそれがあります。
7日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で関東甲信地方、東海地方、九州北部地方が300ミリ、近畿地方、中国地方、九州南部が250ミリとなっています。

 連日の大雨で地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危険度が高まっています。土砂災害の発生しやすい地区や河川の増水、氾濫の可能性のある地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意してください。

大阪、神戸、京都の各校の大半は休校となっています

 対策本部に入った午前9時現在の情報では、近畿・中国地区の出雲医療看護専門学校鳥取市医療看護専門学校神戸医療福祉専門学校中央校神戸製菓専門学校は通常授業を行なっていますが、これ以外の各校は休校となっています。
交通機関の運休情報に注意を払い、帰宅困難に陥らないようにご注意下さい。なお、休講指示等学校からの発信に十分ご注意下さい。

PAGE TOPへ