滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 北海道メディカル・スポーツ専門学校の学生 北海道ハイテクAC杯陸上選手権の運営とケアサポートを行ないました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

北海道メディカル・スポーツ専門学校の学生 北海道ハイテクAC杯陸上選手権の運営とケアサポートを行ないました

2018.10.07

317101

ケアサポートを行うメディ・スポの学生と教員たち

 「第6回北海道ハイテクAC杯陸上競技選手権大会」が9月30日(日)、札幌市厚別公園競技場で開催され、北海道メディカル・スポーツ専門学校の学生がサポートに入りました。運営サポートとケアサポートに分かれ、約800名の参加選手がスムーズに競技に集中できるようにサポートを行ないました。

 運営サポートでは、一般社団法人 札幌陸上競技協会の皆さんと共にブースを設営。競技運営のサポートにあたりました。ケアサポートは、参加選手のコンディショニングやテーピング、ストレッチを中心に実施。鍼灸治療とテーピングは教員が担当し、ストレッチはスポーツトレーナー学科の学生が行いました。

 台風24号の接近で悪天候が予想された中、天候については何とか曇りで推移し、今年度も小学生種目からマスターズ種目までのカテゴリーに分かれて大会を開催し、すべてのカテゴリーのアスリート育成に寄与する大会となりました。

  • ケアサポートの受付を担当する学生たち

  • 開会式で挨拶をする宮川藤一郎理事長(学校法人 産業技術学園)

 大会では、第4回大会にも出場した韓国のキム・ミンジ(Kim Minji)選手が再び参加し、高校・一般女子 200mで優勝。高校・一般女子三段跳では、日本陸上競技選手権で優勝経験のある北海道ハイテクAC所属の竹田小百合選手の引退試合となり、競技人生に別れを告げました。

  • 女子100m決勝のシーン

  • 今大会が引退試合となった竹田小百合選手(左)

 最優秀選手には、高校・一般女子400m で大会新記録で優勝したアシィ・しおり選手(北海道栄高校)が選ばれました。

北海道メディカル・スポーツ専門学校 鍼灸学科 上野正博)

PAGE TOPへ