滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > スポーツ報知新聞に大阪ハイテクノロジー専門学校の水泳部の活躍が紹介されました!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

スポーツ報知新聞に大阪ハイテクノロジー専門学校の水泳部の活躍が紹介されました!

2018.10.22

343801

スポーツ報知新聞 9月24日に配布された特別版

 今年で3年目になる大阪ハイテク・水泳部。発足当初は水泳選手へのトレーニングやケガのリハビリ勉強会など、サポート側の活動が中心でしたが、2年目からは競技への参加をメインに活動を開始しました。
 そのきっかけとなったのが、水泳部発足当初から在籍している臨床工学技士学科の学生からの「大会に出場してみたい!」という声でした。

 2017年度は手探りながらも、マスターズの試合をメインに3つの大会に参加し、4種目で優勝するなど、以下の記録を残すことができました。また、2017スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会では、勉強も水泳も全力で取り組むチームとして報知新聞(スポーツ報知)特別版の1面に大きく取り上げられました。

■第12回コナミスポーツマスターズ水泳競技会(6/25)
・男子200m個人メドレー 1位
・男子50m背泳ぎ 1位
・男子50m平泳ぎ 3位
・男子4×100mメドレーリレー 2位
・男子25m平泳ぎ 1位
・男子4×25mフリーリレー 2位
・男子100m背泳ぎ 1位

■2017スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会(9/18)
・男子200m個人メドレー 2位

■新春マスターズスイムミート2018(1/20、1/21)
・男子4×50mメドレーリレー 3位
・男子100m背泳ぎ 2位
・男子200m個人メドレー 2位

大阪ハイテク・水泳部 大会出場メンバー

 今年度は女子部員も2名増えて、混合リレーにも出場できるようになりました。

 報知マスターズや新春マスターズスイミング大会など、多くの試合に出場する中で報知新聞社の方に注目を頂き、9月3日に本校へお越し頂いて取材を受けることになりました。

 学生同士の仲の良さが伝わる雰囲気の中で取材も進み、今までの競技歴やチームユニフォームの由来など、多岐に渡る質問を受け、その内容は報知マスターズ当日に配布されたスポーツ報知特別版のフロント面を飾り、公開されました。
 
 今年度の出場大会では、以下の記録を残しました。

■2018年度 日本マスターズ水泳 短水路大会 滋賀大会(4/1)金4銀9銅15
・男子200m個人メドレー 1位
・男子50m平泳ぎ 1位・3位
・男子25m自由形 1位
・男子25m平泳ぎ 3位
・男子4×25mメドレーリレー 2位
・男子4×25mフリーリレー 2位
・男子100m自由形 1位
・男子100m平泳ぎ 2位

■OSAKA MASTERS OPEN 2018(6/17)金1銀5銅1
・男子200m個人メドレー 3位
・女子50m背泳ぎ 1位
・女子50mバタフライ 2位
・混合4×50mメドレーリレー 2位

■第13回コナミスポーツクラブマスターズ水泳競技会 西日本大会(6/24)金11銀2銅1
・女子50mバタフライ 2位
・混合4×25mメドレーリレー 1位
・女子25m背泳ぎ 1位
・女子25m平泳ぎ 1位
・男子25m平泳ぎ 2位
・女子25m自由形 1位
・男子100m自由形 3位
・混合4×25mフリーリレー 1位

■第1回アジアマスターズ水泳選手権大会 兼 第35回日本マスターズ水泳選手権大会(7/11~16)7位8位入賞
・男子200m個人メドレー 7位
・男子200m平泳ぎ 8位

■2018スポーツ報知マスターズスイミング長水路大会(9/24)金6銀1銅6
・女子100m背泳ぎ 1位 3位
・女子50mバタフライ 1位
・混合4×25mフリーリレー 1位
・混合4×25mメドレーリレー 3位
・男子200m個人メドレー 2位 3位

 今年度としては最後の大会となる来年の『新春マスターズスイムミート2019』に向けて、現在も部員たちは練習を進めています。

 これからも皆様からの熱いご声援を励みに『大阪ハイテク・水泳部』頑張ります!

大阪ハイテクノロジー専門学校 教務部・臨床工学技士科 三宅 泰広)

PAGE TOPへ