滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > バークリー音大と提携の神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校と神戸・甲陽音楽ダンス&アート高等専修学校の新校舎 来年4月の開校に向けて竣工式が行なわれました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

バークリー音大と提携の神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校と神戸・甲陽音楽ダンス&アート高等専修学校の新校舎 来年4月の開校に向けて竣工式が行なわれました

2018.12.07

koyo

レンガを基調にした新校舎。神戸らしいオシャレな外観です

 神戸から世界へ、大きな夢がふくらみます―。2019年4月に開校する神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校(認可申請中)、神戸・甲陽音楽ダンス&アート高等専修学校(同)の新校舎が神戸市中央区伊藤町に完成し、11月27日(火)竣工式が行われました。世界最高峰の音楽大学、アメリカのバークリー音楽大学との提携校として知られる甲陽音楽学院が、ダンスの分野を加えた音楽とエンターテインメントの総合校として、生まれ変わります。

 校舎は鉄筋コンクリート造りで、地上7階建て。延べ床面積は4,661平方メートルです。JR三ノ宮駅、阪神・阪急・地下鉄三宮駅から徒歩で約10分。旧居留地で、神戸市役所にも近い便利な場所にあります。

学校へのアクセス

 竣工式には、滋慶学園グループの浮舟邦彦総長をはじめ、滋慶学園COMグループの村上誠悟常務理事、神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校(認可申請中)の菅内孝憲学校長、神戸・甲陽音楽ダンス&アート高等専修学校(認可申請中)の細川直之学校長、ジケイ・スペースの覚野廣久代表取締役ら大勢のグループ関係者が出席しました。

 また、協力していただいた企業からも多数の皆さまにご出席していただきました。

 式典では、それぞれの団体・企業の代表が礼拝をし、無事に竣工したことの感謝と今後の発展を祈願して全員で乾杯。続いて、浮舟総長が挨拶をされました。

「世界に羽ばたく人材の輩出を」と語る浮舟総長

 浮舟総長は「この旧居留地で神戸経済発祥の地に校舎ができるというのは夢のようです。グループはこれまで音楽の学校もたくさん建設をしてきましたが、今回はその集大成といっても過言ではありません。本当に素晴らしい校舎となりました。とくに建物のベースになっているレンガは、何度も焼き直したそうです。心のこもったデザイン、心のこもった施工をしていただき、今回の完成をみたわけです」と述べ、デザイン監修のジケイ・スペースDUCEと、設計・施工会社の関係者をねぎらいました。

 さらに「関西は2025年の大阪万博開催が決まり、IR(統合型リゾート)の誘致も決まるでしょう。そんな大きな動きの中で、文化が経済を牽引していきます。その文化の担い手である人材を輩出するという夢がふくらんで参ります。単に音楽の技術・知識を身につけるだけでなく、音楽を通して、人間力を育んだ素晴らしい若者がここから巣立ってくれることを願ってやみません。音楽の最先端の学びを得て、世界に羽ばたける人材を輩出することを祈念いたします」と関西の将来に貢献する学校の意義について語りました。

 アメリカの名門・バークリー音楽大学と提携を結ぶ学校として知られ、1980年の開校以来、世界中で活躍する卒業生を輩出してきた甲陽音楽学院は現在、神戸市灘区にあり、毎年多くの学生たちがバークリー音楽大学に留学しています。第一線で活躍するミュージシャン・業界人が講師をつとめてきました。神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校は、こうした「甲陽音楽学院ブランド」を残しつつ、新たにダンス・エンターテイメント分野を加えた総合校として新生発進します。

 同時に、音楽・ダンス・芸能を学ぶことができる高等専修学校として、神戸・甲陽音楽ダンス&アート高等専修学校が新たにでき、専門学校と同じ校舎に入ります。中学校を卒業してすぐに音楽・エンターテインメント業界をめざすことができる、通信教育なしで大学入学資格が取得できる、充実した業界との実践的なカリキュラムを実現していく―などの点を教育の柱にしています。

旧居留地に立つ-神戸の街にマッチしたおしゃれな7階建て新校舎

西欧風のクラシカルな雰囲気漂う新校舎。通りから大型ヴィジョンが見えます

 神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校と神戸・甲陽音楽&ダンス高等専修学校の新校舎は、国際ファッション都市、神戸の玄関口であるJR三ノ宮駅(阪神・阪急三宮駅)から徒歩約10分、神戸市役所のすぐ南に位置しています。兵庫県の初代知事だった伊藤博文公にちなんだ地名を持つ伊藤町の旧居留地にあり、江戸末期に神戸港が開港して以来、多くの外国人が住み、先進的な西欧文明に触れた地域です。

 周辺には海運会社や美術館、おしゃれなレストランや喫茶店が立ち並んでいます。そんな地域に建つ7階建ての新校舎は茶色のタイル地と白を基調にしたブルックリン調のクラシカルな外観で、周囲の雰囲気にマッチした神戸チックなデザインとなっています。

 すぐ東側には、1868年に開園した日本で最初の西洋式運動公園として知られる「東遊園地」があり、毎年12月におこなわれる光の祭典「神戸ルミナリエ」の終端会場にもなっています。また、毎年秋の神戸の街は、「神戸ジャズストリート」のイベントが行われ、街中がジャズ一色に染まります。世界最高峰のジャズの学校として知られるバークリー音楽大学と連携する神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校の学生にとっては、最高の立地に恵まれることになりそうです。

6、7階にライブ演奏やダンスイベントが出来る吹き抜けのホール「Live Space」

イベントホール「Live Space」

 海風に吹かれて新校舎に足を踏み入れると、そこはジャズや様々なジャンルの音楽が溢れる演奏と創作の館。1階のエントランスホールは、2階までの吹き抜けになっており、厳粛さの中に開放感が溢れる五感に訴える空間となっています。通りからも見える正面壁面の大型ヴィジョンが映し出す演奏シーンは、登校してきた学生たちを夢見る世界の舞台に誘ってくれそうです。
 1階奥には会議室や警備員室、5台の自動車が止められる駐車場もあります。

 目を瞠るのは、なんといっても6、7階に設けられた吹き抜けのホール「Live Space」。最新の音響設備や照明設備を完備し、150席が用意できる多目的イベントホールです。ダンスホールとしても使えるので、学園祭やライブ演奏会などでも大いに活用できそうです。

 また、校舎のあちらこちらにデザイン監修を担当したDUCEの細かなこだわりが表現されています。各階の廊下の床には、モザイク模様が施され、壁にはミュージシャンらのポートレートがずらり。学生や来客の目を楽しませてくれます。とくに木の手すりで温かみを出した各階段はゆったりと広く、踊り場には、アメリカンスタイルの迫力溢れるポートレートが飾られ、コミュニケーションの場としてもピッタリで、いやがうえにも学生たちの演奏への意欲や創造力をかきたててくれそうです。

  • ポートレートがずらりと並ぶ廊下

  • ゆったりとして絵になる木製の階段

学生が自ら学ぶためのプライベートレッスン室やレーベル顔負けの「Recording Studio」など

 学校では、一流のプロのミュージシャンを講師に迎えますが、おそらく他に例を見ないほど質の高いプロ仕様の設備や機器が用意されています。余裕を持って作られた広い「Recording Studio」や20人程度のBig Band編成の音も採れる演奏室、さらに、なんといっても素晴しいのは、学生がピアノやギター、管楽器などの個人レッスンを受ける完全防音の「PR室」(プライベート・レッスン室)11室が完備しています。(いずれも3階)。「PR室」は、4階にもドラム専用の部屋が3室あり、計14室もの高品質のプライベート・レッスン室が完備している点は、「一人ひとりを大切に」する滋慶学園グループ校ならではの配慮といえます。

  • アテレコルーム

  • PR(プライベートレッスン)室

 また、4階には、「EN室」と呼ぶアンサンブル室3つがあります。それぞれの壁が一面、鏡になっていて、キーボード、ベース、ドラム、ギターのアンサンブル演奏の練習を行ないます。鏡に映る演奏スタイルを眺めながら、プロとしての見せ方も学んでいきます。

  • アンサンブル用のEN室

  • Recording Studio

 5階には、AスタジオからEスタジオまで壁面一杯にミラーを配したダンススタジオが5室配置されています。それぞれのパーテーションを外すと、さらに大きなスタジオとして使用できます。
 また、7階には、音楽制作の実習室である「Pre Production Studio」が4室と講師室が配置されています。学生たちはここで誰にも邪魔されず楽曲の作成や企業課題などに挑戦することができます。
  

学生の憩いの場、会話がはずむ「中庭」やラウンジ

 極めて高い集中力が求められる音楽、ダンス、声優などの授業の合間に、学生がホッとできる憩いの場もあちらこちらに用意されています。4階の「Student Launge」は、グループでも一人でも利用できるようにテープルが様々なパターンで配置されています。一度に約120名が利用できる広さで、きっと世界の舞台を目指す学生同士の熱いトークの輪が各テーブルで見られるでしょう。

  • Student Launge

  • 中庭

 上を見上げれば、校舎の中から青空が見える「中庭」があります(4階)。ベンチに座れば、外の風を感じることができる、ちょっぴり自慢の自然溢れる憩いの空間です。

 2階に設けられたオープンスペースの図書室も学生たちの学びの場、憩いの場です。自習スペースも設けられており、学生たちが自由に使えるパソコンも完備されます。コーナーの棚には、音楽界で活躍する卒業生らのCD作品が順次並べられる予定です。

オープンスペースの図書室

 各階の仕様は以下のようになっています。

【1階】 エントランスホール、総合受付、事務局、Guest Room2室、Conference Room(会議室)、警備室、倉庫、駐車場
【2階】 図書室、キャリアセンター、教務室、教務受付、ミーティングルーム2室、Healthcare Room(保健室)、
【3階】 「Recording Studio」、演奏室、フォーリー(効果音)設備完備のピアノ室、一般教室3室、「PR室」11室
【4階】 「Student Launge」、プライベート・レッスン室(ドラム専用)3室、「EN室」3室、楽器・機材管理室「Equipment office」
【5階】 AスタジオからEスタジオまでダンススタジオ5室
【6階】 6階と7階に吹き抜けになったホール「Live Space」、「キーボードレッスン室」、「Voice Acting Studio」、楽屋兼倉庫
【7階】 パソコンルーム2室、「Pre Production Studio」4室、講師室

  • パソコンルーム

  • 学校横にある東遊園地

PAGE TOPへ