滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 大宮アルディージャを手話で応援しました! 埼玉福祉・保育専門学校

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

大宮アルディージャを手話で応援しました! 埼玉福祉・保育専門学校

2019.09.06

1184501

スタンドから手話を繰り出す埼玉福祉・保育専門学校生ら”手話応援団”。選手の皆さんも手話で返してくれました

 2019明治安田生命J2リーグ第17節・京都サンガF.C.戦が今夏、NACK5スタジアム大宮で行われました。この試合を大宮アルディージャが「手話応援デー」と設定し、埼玉福祉・保育専門学校も手話応援実行委員会の皆さまと一緒にその手話応援に参加しました。

 手話応援デーは「サッカー応援も、ノーマライゼーション」を合言葉に、障がいのある人も、ない人も一緒にスポーツを楽しむことを目的としています。2006年から始まった手話応援は、中断期間をはさんで、2010年に再開し、今回で11回目の実施を迎えました。

 当日学生も朝10時に学校集合後、学校で最後の手話練習を行いました。その後、スタジアムへ移動し試合開始を迎えました。今年は試合中、手話で応援する機会も多く、学生の手話に合わせて応援するサポーターの皆様も多くいて、とても楽しそうな雰囲気でした。

  • 学生たちも手話の応援を楽しみました

  • 来年も「手話応援デー」に参加します

 参加した学生達は、障がいの垣根を越え多くの人と関わる事ができ、とても充実した表情をしていました。また普段味わう事のできないサッカー応援の雰囲気を味わいながら、沢山の地域の方との交流を通して、多くの事を学びました。

 来年も多くの学生と参加し、大宮アルディージャを盛り上げていきたいです。

埼玉福祉・保育専門学校 広報センター 土山恒之)

PAGE TOPへ