滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 命の大切さを学び、その思いを世界に発信する校舎に! 東京コミュニケーションアート専門学校 ECO新校舎竣工式

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

命の大切さを学び、その思いを世界に発信する校舎に! 東京コミュニケーションアート専門学校 ECO新校舎竣工式

2019.09.19

1183301

竣工した東京コミュニケーションアート専門学校ECO校舎

 東京コミュニケーションアート専門学校ECO校舎(東京都江戸川区西葛西6−29−9)が完成し、8月22日(木)、工事関係者、滋慶学園グループ関係者が出席し、竣工式が行われました。

 竣工の儀から、礼拝の儀、乾杯の儀と粛々と竣工の議が執り行なわれ、参列者全員で校舎が無事に竣工したことに感謝をし、学校のさらなる発展を祈願しました。

 ECO校舎が建設されたのは、東京コミュニケーションアート専門学校が開校した1988年の開校から昨年までクリエーティブ分野の学生が使用していた第一校舎の地。滋慶学園グループの浮舟邦彦総長、滋慶学園COMグループの村上誠悟常務理事も完成した校舎を前に、感慨ひとしおの様子でした。

 竣工式の最後に東京コミュニケーションアート専門学校名誉学校長で工業デザイナーの奥山清行先生、そして滋慶学園グループを代表して浮舟総長が挨拶を行ないました。

 奥山先生は「この校舎は30年以上、地域の皆様から愛していただき、ECO校舎として新しくスタートを切るにあたって、スタッフの方々にお願いをしたいと思います。子供たちや地域の方々に校舎の中にどんどん入ってきていただいて、エントランスの水槽や動物たち、人間と一緒に暮らしている姿を見て頂ける環境作りをしていただきたい。子供たちが入って来たら『ようこそ!」と迎え入れていただきたい。定期的にイベントを開催し、地域の方々にECO校を楽しんでいただきたい。地元に根付いた教育機関であるということを押し進めていただきたいと考えています。そして、地元に根ざしながら、世界を目指す、そういった人材をどんどん輩出していただきたい。地球上で動物と人間がともに暮らしていく姿は、新しい時代においてさらに進化しています。動物と人間が一緒に暮らす。この日本ならではの考え方を、この校舎から世界に発信していく。そんな場所にして頂きたいと思います」と、ECO分野の教職員を激励し、また限られた工期のなかで校舎を作り上げた工事関係者の労をねぎらいました。

  • 新校舎のプロデュースを手がけられた奥山名誉学校長

  • 滋慶学園グループ 浮舟総長

 最後に浮舟総長は「ここに校舎ができたのが1988年、思い出深い場所です。TCAのクリエーティブが駅前に素晴らしい校舎ができて移転し、ここに新たにECO分野がグラウンドを持つ。それは、ここで新たなエポックが生まれてくるということです。動物園の人材、水族館の人材、博物館の人材をここから輩出していきます。これだけの幅広い分野は滅多にないと思いますが、動物、魚、植物などそれぞれに命が宿っているんだ、その命を預かっていくんだという思いを、基礎・基本のなかでその大切さを学生の皆さんに伝えていくことの大切さ。そこに職業教育の根本があるように思えてなりません。単に技術、知識を教えるのではなく、実学教育というのは、その『心』が大事だと思います。また、産学連携、さらに地域に根ざした、地域の方々との連携、そのひとつのモデル校としてこの学校が発展していくことを祈念します」と挨拶をしました。

  • 大きく開かれた明るいエントランス。階段には木材が使用され、外壁のアースカラーにも自然のぬくもりを感じる校舎

  • 名誉教育顧問で水族館プロデューサーの中村元先生監修の4メートルの大水槽に圧倒されます

 9月中に設備、備品の納入や、動物たちの引っ越しが行われ、10月の後期から学生たちは新校舎での学びをスタートします。

PAGE TOPへ