滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 産学連携/コンテスト > 東京バイオテクノロジー専門学校×株式会社羽田麦酒 産学協同研究からオリジナルクラフトビール開発に成功! 「山のかほり-池上梅園-」として販売を開始しました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

東京バイオテクノロジー専門学校×株式会社羽田麦酒 産学協同研究からオリジナルクラフトビール開発に成功! 「山のかほり-池上梅園-」として販売を開始しました

2019.10.09

1342801

産学協同研究から産まれたクラフトビール。ギフトにも最適なこだわりの逸品です

 東京バイオテクノロジー専門学校は、2016年より東京都大田区唯一の醸造所、株式会社羽田麦酒(東京都大田区多摩川)と産学共同による卒業研究を開始し商品化に成功しました。クラフトビール「華香 HANAKA – 大田のかほり -」シリーズのクラフトビール「山のかほり-池上梅園-」として10月から発売されています。

 商品名にもなった「山のかほり-池上梅園-」は、歴代の卒業研究生が東京都大田区にある名所の花木や土壌から酵母の単離に取り組み、得られた数百の菌株からビール醸造に適した優良な酵母として選抜したうちの1株です。大田区立池上梅園の梅から採取した培養液をビール醸造させた結果、若き醸造家たちの想い溢れる独特の香りを持つクラフトビールが誕生しました。梅そのものの原材料は入っていませんが、酵母の力強さの影響で後味に梅のテイストが残ります。

 本商品は、大田区にある東京バイオテクノロジー専門学校が開発協力し、大田区唯一の醸造所である株式会社羽田麦酒が商品化しました。ラベルやパッケージデザインも大田区の魅力を全国に発信する大田区マーチング委員会が担当し、商品開発すべてを「オール大田」で取り組みました。

  • 東京バイオが開発に全面協力しました

  • 「羽田バル」では料理とともにお楽しみいただけます

 現在、工場直送の新鮮クラフトビールを扱う羽田バル直営店を中心に販売を開始し、今後、京急電鉄京急蒲田駅にある大田区観光情報センターや羽田空港での販売も広げていきます。

東京バイオテクノロジー専門学校 教務部キャリアセンター担当 杉田 佑輔)

PAGE TOPへ