滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 放送芸術学院専門学校の卒業生、感動作『西由比ヶ浜駅の神様』を発刊しました! 一昨年に続き2冊目の小説

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

放送芸術学院専門学校の卒業生、感動作『西由比ヶ浜駅の神様』を発刊しました! 一昨年に続き2冊目の小説

2020.08.13

25263001

村瀬 健 作 『西由比ヶ浜駅の神様』 (メディアワークス文庫)

 放送芸術学院専門学校の卒業生で放送作家・漫才作家、そして本校の特別講師でもある村瀬 健(たけし)氏が、小説『西由比ヶ浜駅の神様』を発表、今年6月25日にメディアワークス文庫より発売されました。村瀬氏の小説は、第24回電撃小説大賞の選考委員奨励賞に選ばれた作品『噺家ものがたり~浅草は今日もにぎやかです~』に続き、2作目となります。

 この小説は、鎌倉を舞台に、実際に起きた脱線事故を題材とした、愛する人との奇跡を描いた感動のファンタジードラマです。

 内容の一端を紹介すると―。
 春先のある日、快速電車が脱線し、多くの死傷者が出てしまいました。
その後、事故現場の最寄りの西由比ヶ浜駅にいる女性の幽霊に頼むと、過去に戻って事故当日の電車に乗ることができるという噂が広まります。
遺族の誰もが会いに行きました。愛する人に再会した遺族たちがとった行動とは…。

 村瀬氏は、本校の前身の放送芸術学院を卒業後、関西を中心に作家活動を開始。『爆笑レッドカーペット』『キングオブコント』『エンタの神様』など、テレビやラジオの構成・ブレーンに放送作家として参加し、2000組を超える芸人を指導してきました。

  • 年間150回以上の講演をこなす村瀬氏

  • 一作目の小説『 噺家ものがたり ~浅草は今日もにぎやかです~ 』

 また、2010年には、仕事で身につけた会話のテクニックをまとめた『一瞬で一生!人を引きつける話し方』(マガジンハウス)の出版を機に、コミュニケーション能力に関する講演活動を開始しました。現在では年間講演回数は150回を超え、「わかりやすくてすぐに実践できる」「人間関係の作り方が180度変わった」と好評を得ています。

  • コミュニケーション能力を高める著作があります

  • 2015年には『最強のコミュニケーション
    ツッコミ術』(祥伝社)を出版

 そんな村瀬氏の感動作、今日の帰りに本屋にお立ち寄りいただき、是非買って読んでみてください。

※第24回電撃小説大賞の選考委員奨励賞に選ばれた『噺家ものがたり~浅草は今日もにぎやかです~』を紹介するグループニュースはこちら
http://www.jikeigroup.net/news/20180410_20368.html

放送芸術学院専門学校大阪アニメ・声優&eスポーツ専門学校 中川 喜広)

PAGE TOPへ