滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 浮舟邦彦総長が「2020 第18回 グッドエイジャー賞」を受賞しました 川中美幸さん 井上順さん 弘兼憲史さんらと共に

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

浮舟邦彦総長が「2020 第18回 グッドエイジャー賞」を受賞しました 川中美幸さん 井上順さん 弘兼憲史さんらと共に

2020.09.16

30023001

「2020年 第18回グッドエイジャー賞」を贈られた浮舟邦彦総長ら。左から受賞者の川中美幸さん、吉丸美枝子さん、井上順さん、浮舟総長、弘兼憲史さん、森克彦さん、加瀬敏雄さん=グランドプリンスホテル高輪

 滋慶学園グループの浮舟邦彦総長が、一般社団法人日本メンズファッション協会(八木原保理事長)主催の「2020年 第18回グッドエイジャー賞」に選ばれ、9月10日(木)、グランドプリンスホテル高輪で行われた授賞式で、歌手の川中美幸さんや俳優の井上順さん、漫画家の弘兼憲史さんらとともに「グッドエイジャー賞」を受賞しました。

 今年60周年を迎えた一般社団法人日本メンズファッション協会はメンズファッション関連企業を会員とする業界団体で、ベストドレッサー賞やベスト・ファーザー イエローリボン賞の主催者としても知られています。

 「グッドエイジャー賞」は、長寿時代を豊かに生き生きと楽しく、かっこよく過ごすグッドエイジングライフを目指して「グッドエイジング運動」を推進する同協会が、その活動の一環として、各方面でいきいきと楽しく、かっこよく、そして魅力ある人生を送っている人を「主張のある生き方をしている人」や「いい年をとることを先駆的に実践している人」など4項目の選考基準によって選出し、2003年から毎年、顕彰しているものです。

今回は各界から7名が受賞

 今回は、浮舟総長をはじめ、歌手の川中美幸さんや株式会社ルーチェ代表取締役の吉丸美枝子さん、俳優の井上順さん、漫画家の弘兼憲史さん、モリリン株式会社の取締役相談役、森克彦さん、株式会社ナリコー代表取締役社長の加瀬敏雄さんの7人が選ばれました。

招待客が見守る中 華やかに授賞式

 授賞式は同ホテルのプリンスルームで行なわれ、新型コロナウイルス感染症予防のガイドラインを遵守して規模を縮小した上、安心・安全の対策をとって開かれました。

 主催者を代表して同協会理事長、八木原保様と、来賓ご代表の経済産業省生活製品課長、永澤剛様による挨拶のあと、古島暉大常務理事や滋慶学園の幹部、ベルエポック美容専門学校東京ベルエポック美容専門学校関係者や各テーブルの招待客が見守る中、ファンファーレが鳴り響き、「2020年 第18回グッドエイジャー賞」の発表が行なわれました。

「素晴しい70代の思い出を作っていただきました」 浮舟総長が受賞の喜び

  • 八木原会長から賞状を贈られる浮舟総長

  • 受賞の感想を語る浮舟総長

 
 歌手の川中美幸さんや俳優の井上順さんらに次いで名前と受賞内容を読み上げられた浮舟邦彦総長は、同理事長から表彰状とトロフィーを授与されると、全員マスク姿の滋慶学園グループ関係者席から「ウォー」という歓声が起こり、会場全体から祝福の拍手が贈られました。

 司会者から受賞の感想を求められた浮舟総長は、「素晴しい賞を頂きましてありがとうございます。受賞された方々が素晴しい方々ばかりで、私がこの中に入っていていいのかなと思っていましたが……。うん入っていて良かったと思います」と会場を笑わせたあと、来春に満80歳を迎える浮舟総長は、「素晴しい70代の思い出を作って頂いて感謝しています。これを契機に素晴しい80代を過ごしていきたいなあと思っております」と喜びを言葉にしました。

インタビュー&トークショーでは、コロナ下の教育体制など滋慶学園グループをPR

  • コロナ下での学校生活も披露しました

  • 学生の活躍を紹介しました

  
 続いて舞台で行なわれた受賞者へのインタビュー&トークショーでは、学校の仕事を35歳から始めて今まで病気したことがなかったことや、コロナ下の学校の状況について、卒業式や入学式、その後の授業をオンラインで行ったことや、実習を重視する専門学校として7月から対面授業も再開させ、今オンラインと対面で半々になっていると説明。「オンライン化では先生方が苦労をされ、頑張っていただきました」と、教育現場を労いました。

古島常務理事ら祝福に駆けつけた滋慶学園のメンバーと記念撮影

 さらにこれからのことを尋ねられ、「産業界が変化していくとそこに新しい職種が生まれてきます。その人材を我々は業界の方々と一緒に作り上げていくのです」と述べ、フェラリー社からの自動車デザインについての企業課題や、eスポーツ、IR・カジノの人材育成など新しい分野の人材育成に取り組んでいることなど、ファッション業界の皆様方に「滋慶学園グループ」をPRしました。

 最後に「総長はバイタリティに溢れておられますよね。バリバリの80歳をお過ごしになるイメージですが…」と聞かれ、晩年の約30年間、一緒に医療秘書教育に取り組んできた聖路加国際病院名誉院長だった故日野原重明先生がよく言っておられた「自然に過ごしなさい」という教えを紹介し、「私も80代、自然に生きていこうと思っています」と述べました。

インタビュー冊子「GOOD AGING BOOK 2020」


「GOOD AGING BOOK 2020」

 会場では、浮舟邦彦総長ら、今回の受賞者へのインタビュー記事をまとめた冊子「第18回グッドエイジャー賞 GOOD AGER AWARD 2020 GOOD AGING BOOK 2020」が配られました。その記事の最後で「若者を教育する立場にありながら、浮舟さんは80歳からの人生で、まだまだ学ぶことが多いという謙虚な教育事業家である」と締めくくっていただきました。

 会場ではチャリティ募金が行なわれ、全額が公益財団法人さわやか福祉財団に寄付されました。

PAGE TOPへ