滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 「新時代を切り拓く!探究心!!」をテーマに卒業研究発表会 大阪医療福祉専門学校

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

「新時代を切り拓く!探究心!!」をテーマに卒業研究発表会 大阪医療福祉専門学校

2021.01.25

35112001

理学療法士学科 夜間部 優秀演題発表=大阪市中央公会堂

 大阪医療福祉専門学校は12月17日(木)、大阪市北区中之島の「大阪市中央公会堂」で2020年度の卒業研究発表会を開催しました!今年のタイトルは「新時代を切り拓く!探究心!!」です。国の重要文化財でもある重厚な建物で、緊張感があふれる雰囲気の中、学生たちは堂々と発表していました。

 今年は新型コロナウイルスの影響により、例年とは形態を変更。午前中は学校内での研究発表、午後は大阪市中央公会堂で最優秀演題のみの発表会開催となりました。感染予防のため、会場での参加は最終学年のみとし、他学年の学生は授業でもお馴染となってきたZoomを使用しての自宅聴講となりました。

 午前の部では、学内で各教室に分かれ、ブースごとに研究の成果を発表し、質疑応答も多く、学生にとって大変実りある時間になったのではないでしょうか。午後の部は、大阪市中央公会堂へ移動して、最優秀演題の発表会を行いました。午前中と同様に、Zoomウェビナーを通してのオンライン配信を実施し、保護者の皆様や入学予定の方にもご視聴頂きました。
 

  • 大阪市中央公会堂

  • 午前の部 学内発表の様子

 

  • 学生は密を避けて聴講しました

  • 質疑応答も活発に行われていました

 今年最優秀に選ばれた6演題は下記の研究テーマです。
・診療情報管理士学科「効果的な感染症予防の探求―COVID-19から学ぶ―」
・理学療法士学科 昼間部「関節位置覚に対する振動刺激の効果―単一角度に限定して―」
・理学療法士学科 夜間部「コロナ禍における理学療法士学科オンライン授業についての調査」
・作業療法士学科 昼間部「Web授業を受けた学生の意欲・理解度の実際―新入学年と最終学年の回答の比較―」
・作業療法士学科 夜間部「セラピスト養成校学生におけるシーティングの認識について」
・視能訓練士学科 3年制「視野異常者の重心動揺の変化について」

 どの演題も素晴らしい発表で、タイトルの「新時代を切り拓く!探究心!!」のとおり、研究内容の中に『新型コロナウイルス』に関連した研究が3演題もあり、各学科の優秀演題として選ばれていたこともとても印象的でした。卒業研究を通して、自身が目指す職業について理解を深め、臨床現場に活かせる気づきもあったと思います。

大阪医療福祉専門学校 事務局 広報担当 森 淳史)

PAGE TOPへ