滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 大都会に蘇った酒蔵 東京港醸造×東京バイオのコラボ「純米吟醸原酒 江戸開城~All Tokyo~」を新発売!!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

大都会に蘇った酒蔵 東京港醸造×東京バイオのコラボ「純米吟醸原酒 江戸開城~All Tokyo~」を新発売!!

2021.03.04

東京港醸造×東京バイオ 学生4人も加わって”オール東京のお酒”を開発した商品開発プロジェクトチーム

 東京バイオテクノロジー専門学校と東京港醸造(株式会社若松)は、2018年より産学連携による商品開発プロジェクトを立ち上げ、江戸にゆかりのある清酒酵母の酒造適性(醸造のしやすさ)と実用化に向けての研究に取り組んできました。ついに、このほど商品化に成功。2021年2月15 日(月)より「純米吟醸原酒 江戸開城 ~All Tokyo~」として発売を開始しました。

 東京のお米と東京の水、そして東京都内の豊かな自然から採取した酵母を用い、開発研究そして製造までの全工程すべてが東京で行われた“オール東京”の日本酒です。

発見した酵母を“ぶんぶん酵母”と命名

 醸造発酵コースの学生研究班が、江戸にゆかりのある場所での酵母の探索に取り掛かってから3年、総数300近い試料の中から日本酒造りに適した酵母を選抜。小仕込み、試験醸造まで一貫して学生たちの手で行いました。

 酵母は、草花や樹皮などから有用な酵母が採取できないかと都内各地で調査を行っていたところ、最終的に2018年5月に日比谷公園の花壇にやってきたコマルハナバチから分離することが出来、この酵母を“ぶんぶん酵母”と命名、これを用いて商品化しました。“ぶんぶん酵母”は、本校で研究開発され、初めて清酒醸造に実用化された酵母です。

 この時期、ハナバチの一種コマルハナバチの働き蜂である雌は花の蜜を集めるために飛びまわりますが、一匹のハチが「ここにいい酵母があるよ…」とでも言いたげに、試料を採取していた学生の周りを離れませんでした。このハチが運んできてくれた酵母が“ぶんぶん酵母”です。本校で研究開発を重ねた結果、初めて清酒醸造の実用化にこぎつけ、素晴らしいお酒に仕上がることが確かめられました。

  • ”ぶんぶん酵母”を使用した醪(もろみ)。爽やかな香気臭がしました!

  • 「純米吟醸原酒 江戸開城 ~All Tokyo~」。ボトルがおしゃれです

東京港醸造直営店やオンラインで販売しています

 「純米吟醸原酒 江戸開城 ~All Tokyo~」は東京港醸造直営店(東京都港区芝4-7-10)を中心に販売しています。緊急事態宣言の解除にあわせて順次、東京駅など店頭販売を拡大していく予定です。なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、四合瓶(約720ml)、一升瓶(1800ml)の他、おひとり様でもお楽しみいただけるよう学生チームの提案によって“290ml”の小サイズも用意しています。

 さらに、ONLINE SHOP(https://tokyoportbrew.shop-pro.jp/?pid=151217390)にも力を入れることで、新しい生活様式への対応も行っています。是非、学生を含めた若き醸造家達とハナバチの贈り物で醸したお酒をご堪能いただければ幸いです。

  • 東京バイオによる新商品完成披露

  • J:COM TV ジモト応援!つながるNewsで紹介されました(動画から抜粋)。

 今回の新商品開発については、ケーブルテレビ・JCOMの地元を応援する東京つながるニュースでも取り上げられ、「東京バイオテクノロジー専門学校との産学連携で誕生した」として紹介されました。

東京バイオテクノロジー専門学校 教務部・キャリアセンター 杉田 佑輔)

PAGE TOPへ