滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 美作市スポーツ医療看護専門学校 地域の医療再生へ就職率100% 一期生が卒業しました

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

美作市スポーツ医療看護専門学校 地域の医療再生へ就職率100% 一期生が卒業しました

2021.03.17

卒業証書授与1_MG_2131

黒瀬学校長から卒業生ひとり一人に卒業証書が手渡されました

 看護師や介護福祉士の育成によって地域の再生をめざそう。岡山県美作市の要請を受け同市初の専門学校として創設された「美作市スポーツ医療看護専門学校」の卒業式が3月6日(土)、同校で行われ、3年間学んできた看護学科と介護福祉学科の1期生が地域を支えるスペシャリストとして力強い第1歩を踏み出しました。

 美作市は1月26日以降、コロナウイルス感染症患者が出ていませんが、卒業式は安全を期して密を避け体育館で行われました。
 保護者や御来賓の皆様、教職員や講師の先生方が見守る中、黒瀬通弘学校長から卒業生ひとり一人に卒業証書と専門士称号が授与されました。

  • 学校長式辞1_MG_2152

    黒瀬学校長が式辞

  • 全体_MG_6870

    密を避けて学校の体育館で行われた1期生の卒業式

黒瀬学校長 「自分と患者さんを支えるために2つの大きな手を持ってください」

 このあと、黒瀬学校長が式辞を述べ、戴帽式や寮生活での交流など学生たちの学園生活の思い出を振り返ったあと、「1期生として本校の新たな歴史を作り、後輩のよき相談相手になってくれた皆様の努力に敬意を表します」と述べ、「(看護師や介護福祉士として)正直で患者さんにやさしい人であってください。そして2つの大きな手を持ちましょう。一つは自分自身を支えるため、もう一つは患者さんを支えるためです。ご活躍を祈念します」と前途を祝して言葉を贈りました。

浮舟総長ビデオメッセージ 「学び続けることが大切です」

総長メッセージ1_MG_2163浮舟総長のメッセージを聴く卒業生の皆さん

 浮舟邦彦総長からはビデオでのメッセージがあり、この1年余り、コロナ下で学園生活は簡単なことではなかったと思うと述べた後、「これからはスペシャリストとしてのキャリアを開発し、真のプロとして成長していかなければなりません。プロは仕事を通して成長していくものです。今回のコロナを機に皆さまが進まれる医療や福祉、健康・スポーツの業界も社会も大きく変化していくでしょう。変化を受け入れ乗り越えるために学び続けることが大切です。そして前に踏み出すことを忘れないで下さい。自分の夢、選んだ仕事、職場を大切に、誇りと自信を持って成長して行って下さい」と祝福と激励の言葉を贈りました。

美作市の萩原市長と美作市立大原病院の塩路院長から祝辞を頂きました

_MG_2221美作市の萩原市長からはなむけの言葉をお贈りいただきました

 御来賓を代表して、美作市の萩原市長と美作市立大原病院の塩路院長から祝辞を頂きました。
 
 萩原市長は、「最新の知識や技術を身に付けた皆様には、自信と誇りをもって、これからの地域医療や看護、福祉社会を支え、牽引していく人間に成長していただきたいと願っています。当校卒業生としての素晴らしさを発揮する活躍を期待しています。本日はおめでとうございました」とはなむけの言葉を述べて頂きました。

 

 このあと、3年間一日も休むことなく授業を受けた学生に贈られる皆勤賞が4人に贈られたのをはじめ、学業や地域貢献活動など優秀な成績を収めた学生にそれぞれ校長賞や理事長賞、美作市長賞などが贈られました。

卒業生代表が学生生活の思い出を込めて謝辞を述べました

卒業生謝辞1_MG_2304謝辞を述べる卒業生代表

 最後に、卒業生を代表して看護学科の山下裕代さんと介護福祉学科の赤代和陽さんが謝辞を述べました。

 赤代さんは2年間の学校生活を振り返り、専門分野の講義や介護技術、施設実習とハードな日々に挫折を経験したことを明かしました。それでも「そんなときに再び立ち上がることができたのはクラスの仲間や先生方、家族をはじめとした周りの方々の支えのおかげです」。こう感謝を述べ、「これからは介護福祉士として、この学校で学んだ知識、技術を活かし日々、努力していくことを誓います」と将来に向けての決意を新たにしました。

 山下さんも入学時に机に積み上げられた教科書の量に圧倒され、病院での臨地実習ではくじけそうになって涙を流したこともあったと3年間の学校生活を回想。「でも放課後にクラスの仲間と何度も技術練習を繰り返し、先生方をはじめ、実習先の指導者の皆様や家族、そして同じ目標に向かう仲間のおかげで乗り越えることができました」と感謝。「アメリカでの海外研修は医療従事者となる私の視野を大きくひろげてくれました。思い返せば辛かったことも含め、この学校で経験したことは、私にとっての大きな財産です。看護師として患者さんを第1に考え、寄り添い、これからも努力していくことを誓います」と力強く述べ閉式となりました。
 

 
 卒業生1期生の就職率は2月時点ですでに100%。それぞれ地元美作市をはじめ、岡山県や兵庫県などの病院や医療機関、福祉施設などで国家資格を持ったスペシャリストとして活躍します。 

美作市スポーツ医療看護専門学校 事務局)

                          

PAGE TOPへ