滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 学内販売実習・ビストロベル 地域にも呼び掛けて調理師科2年生が開催しました!  埼玉ベルエポック製菓調理専門学校

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

学内販売実習・ビストロベル 地域にも呼び掛けて調理師科2年生が開催しました!  埼玉ベルエポック製菓調理専門学校

2021.07.19

42315001

調理師科初めての販売実習を行いました。地域の方にも来ていただき、完売でした!

 埼玉ベルエポック製菓調理専門学校では、各学科で学内販売実習「ビストロベル」を実施しています。6月30日(水)・7月7日(水)には、調理師科としては初めて、2年生がビストロベルを行いました。

 ビストロベルの目的は、「地域の方や保護者の方へ学生の“今”を知ってもらい、評価をしていただく」、「学生自身が対価をもらって仕事をし、それにはリスクと責任が伴うということを理解する」の2点です。

 当日は学生の頑張りもあり、無事に完売することが出来ました。

 今回のビストロベルの計画はゴールデンウィークから始まりました。
 まずは学生への宿題で「800円でも“売れる、買いたくなるお弁当”」を一人ひとりが考えました。その後、試作をして発表資料としてソフトにまとめ、クラスメイトの前でプレゼンテーション。その中から投票で販売するお弁当が決まりました。

 作りたいお弁当、売りたいお弁当の班に分かれて、原価計算、発注、試作、ポスター制作、マーケティングなど、学生たちが様々な案を出しながら“自ら考える力”も養っていきました。

 試作から当日までの準備の間、学生たちの意見が分かれ、ぶつかり合うシーンもありましたが、ぶつかり合いによって新しいアイデアが生まれたり、意見の対立を“解決する力”も養われました。

  • 800円でも“売れる、買いたくなるお弁当”を学生一人ひとりがプレゼンテーション

  • 対価をもらって仕事をすることで、リスクと責任が伴うということを学びました

 そして緊張が高まる中で迎えた当日…。
 11時30分になり、初めての販売実習が始まりました。オープン前からたくさんのお客様にお並びいただき、お弁当はあっという間の完売でした。

 予想を上回る大盛況で、皆様にはご迷惑をおかけしましたが、そのお陰でコロナ禍の中、就職活動をしていて不安が多い学生たちも、「こうしたらお客様も来てくれるんだ!」「このお弁当だとここがダメだ!」「この点は喜んでもらえた!」などと、成長するきっかけをたくさん頂きました。

 ご来店いただいた皆様、本当にありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

  • ポスターも学生たちが自分で考え制作しました

  • 全メニュー完売しました。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました

埼玉ベルエポック製菓調理専門学校 調理師科 加倉井 裕一)

PAGE TOPへ