滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 【大雨対策本部より】 学校で雨漏りなどが確認されました 

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

【大雨対策本部より】 学校で雨漏りなどが確認されました 

2021.08.16

【8月16日】
 各地で土砂災害など大きな被害を出している停滞前線による大雨ですが、滋慶学園グループでも、九州地区をはじめ、大阪や東京など一部の学校で校舎の雨漏りや学生の自宅が浸水する被害が報告されました。学校については、グループ企業や取引先の工務店などがチェックにあたっていますが、いずれも建物の損壊などは見られないということです。
 
【8月14日】 西日本エリアに加えて関東エリアも警戒対象にしました 大雨対策本部
 滋慶学園グループ「8.13 大雨対策本部」は14日、線状降水帯が長く延び、関東エリアにも影響が出る恐れがあるため、対策本部の警戒対象エリアに関東エリアを追加します。

【8月13日】 九州エリアを含む西日本エリアに 大雨対策本部を設置しました
 13日広島市に「大雨特別警報」が発令されるなど、活発な前線の影響で西日本では強い雨が降り続き河川の氾濫などが発生しています。

 滋慶学園グループは、本部内に九州エリアを含む西日本エリアに対し「8.13 大雨対策本部」を設置しました。

滋慶学園グループ 
8.13大雨対策本部

PAGE TOPへ