滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > アジリティ競技会で健闘しました! 北海道エコ・動物自然専門学校

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

アジリティ競技会で健闘しました! 北海道エコ・動物自然専門学校

2022.07.08

58061001

アジリティ競技会、みんな頑張りました!!

 OPDES(NPO法人・犬の総合教育社会化推進機構)主催のアジリティの競技大会が6月4日(土)と5日(日)、恵庭市の桜町公園で開催され、北海道エコ・動物自然専門学校 総合ペット学科ドッグトレーナー専攻の2年生が、担当犬と共に参加しました。

 アジリティとは犬の障害物競走、ドッグ・アジリティのことです。犬とハンドラー(指導手)といわれる人間が一組のペアとなって、障害物があるコースを走り抜けてタイムを競う競技です。

 ハンドラーが指示をだし、障害を決められた順序の通りにクリアしながら、コースを進みます。障害物の拒絶や失敗がなく、標準タイムと呼ばれる制限時間内にクリアしたペアのうち、最もタイムが短いペアが1位となります。タイムが速くても、失敗や拒絶などがあるとタイムから減点されます。その場合の順位はタイム内で完走し、原点がないペアよりも下位となります。

 当日は比較的天候にも恵まれ、参加した多くの本校のペアが入賞!!! 1位を獲得したペアもいました。1年間担当犬と一緒に、頑張ってトレーニングしてきた結果が出たのではないでしょうか。うまくいかなかったペアも,次の大会に向けて更に精度をあげて練習していきましょう!!

 1年生はまだ競技自体には参加できませんでしたが、運営側の手伝いをし競技会を支えてくれました。来年の今頃は今の1年生も担当犬と一緒に、大活躍をしてくれることでしょう!!

  • 畑山・はやてペア 初の舞台!!なかなか息の合った動きでしたよ!

  • 駒形・ひまわりペア 1席とりました!!!頑張ったね♪

  • 島田・アンズペア 息の合ったアジリティーを見せてくれました♪

  • 佐藤・ウズラペア ウズラ早くてかっこよかったよー!!

北海道エコ・動物自然専門学校 動物飼育学科  向 日奈子)

PAGE TOPへ