滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 東京バイオの卒業生、技能五輪国際大会の日本代表選手として世界へ挑戦!!

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

東京バイオの卒業生、技能五輪国際大会の日本代表選手として世界へ挑戦!!

2022.11.07

61459001

榊原さん(左から2人目)とサポートメンバーの永澤名誉教授、大貫名誉教授、池田名誉教授(左から)

 東京バイオテクノロジー専門学校 化学分析コースを2022年3月に卒業し、健康食品メーカーのバイホロン株式会社(富山市)に所属する榊原隆平さんが、第46回技能五輪国際大会(WorldSkills Competition、運営WSI) 化学実験技術職種の日本代表選手として世界に挑戦します。

 今回の技能五輪国際大会では、埼玉大学の永澤明名誉教授、東京工業大学の大貫敏彦名誉教授と同大学の池田泰久名誉教授を中心としたチームが、榊原さんをサポートしています。榊原選手の健闘に、ぜひご期待ください。

 当初、第46回大会は2021年9月に中国・上海で開催される予定で、榊原さんは東京バイオテクノロジー専門学校の所属として出場するはずでした。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大による上海のロックダウンで、大会は中止となりました。これを受け、WSI関係者間で代替措置が検討され、2022年9月から11月にかけ日本を含む15カ国での分散開催が決定。化学実験技術職種は、11月24日(木)から11月26日(土)の3日間、オーストリア・ザルツブルクで競技が開催され、熱戦が繰り広げられます。

国際的なコミュニケーション能力も問われる競技大会

日本代表選手に決定した時の榊原さん

 化学実験技術職種は、化学原材料の特性、プロセスの中間段階、および最終製品の基準適合の管理などを行う化学分析技能士の仕事とも関連があり、化学物質の定性的化学組成分析、化学成分及びその中の化合物の定量分析、得られたデータの処理と分析結果の報告書作成などにより評価されます。問題の出題も報告書もすべて英語で行われるため、分析技術などの他、国際的なコミュニケーション能力も問われます。
 
 本校では、ものづくりの未来を支え、技能のレベルアップを追求する“技”の強化育成を目指し、バイホロン株式会社、JFEホールディングス株式会社、株式会社三菱ケミカルホールディングス、株式会社堀場製作所との産学連携体制を構築し、日本代表選手の強化育成に努めて参りました。

 今後とも、こうした教育プログラムなどを通じ、海外の舞台で活躍できる人材の育成に努めていく所存です。

 榊原さんと第46回技能五輪国際大会の情報はこちら!!下記YouTubeでは東京バイオ卒業ということも紹介されています。
(1)Facebook
   https://www.facebook.com/profile.php?id=100069698719441
(2)Instagram
   https://www.instagram.com/worldskillsjapan/
(3)Twitter
   https://twitter.com/WorldskillsJ
(4)LinkedIn
   https://www.linkedin.com/in/worldskills-japan-647331175/recent-activity/
(5)YouTube
   https://youtu.be/SyuPllGfwls

東京バイオテクノロジー専門学校 キャリアセンター・産学連携推進センター 杉田 佑輔)

PAGE TOPへ