グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 産学連携/コンテスト > 大阪湾スナメリ生息調査プロジェクト

グループ各校からのお知らせ:産学連携/コンテスト

一覧に戻る

大阪湾スナメリ生息調査プロジェクト

2022.04.01

〈各学校の新着情報〉 大阪ECO動物海洋専門学校

5099500101

スナメリ調査の様子

SDGs
14.海の豊かさを守ろう

 スナメリ(Neophocaena asiaeorientalis)はネズミイルカ科に属す小型鯨類で、台湾海峡以北の中国沿岸から朝鮮半島を経て日本にかけての沿岸海域に主に生息しています。

 日本においては、仙台湾~東京湾、伊勢湾・三河湾、瀬戸内海・響灘、大村湾、および有明海・橘湾に主に分布。瀬戸内海における本種の生息数は、1970年代中盤~2000年にかけて減少した可能性があります。とくに瀬戸内海の中・東部海域における生息密度の低下が著しかったようです。こうした生息状況の悪化には、漁業、化学汚染、埋め立ておよび浚渫(しゅんせつ)などの人間活動が関与した可能性が指摘されています。

 瀬戸内海の東端にある大阪湾は、漁業や海岸線の利用などの人間活動がとりわけ活発な閉鎖性海域です。しかしながら、大阪湾のスナメリの生息の実態については、明らかにされていませんでした。そこで大阪ECO動物海洋専門学校(開始当時は大阪コミュニケーションアート専門学校)は2005年から、南海淡路ライン株式会社、大阪府水産試験場(現:大阪府立環境農林水産研究所水産技術センター)、国土交通省近畿地方整備局、および海遊館と連携して、大阪湾におけるスナメリの生息状況を把握するための調査を行ってきました。

 その結果、大阪湾において、スナメリは岸和田市から岬町沖の湾東部海域に主に分布するとともに、繁殖期である春~初夏に比較的多く来遊することがわかりました。大阪湾の中部海域におけるスナメリの密度は、来遊ピーク時で0.238頭/km2と推定。得られた成果の一部については、学術論文等で発表するとともに、テレビ番組、新聞、各種イベント、および一般書籍などを通じて社会へ発信してきました。2013年以降は毎年、海遊館と共同で一般市民を募集し、大阪湾でのスナメリ観察会を開催しています。

  • スナメリ観察会の様子

  • スナメリの親子

  • 小魚の群れとスナメリ

● 連携企業:海遊館、大阪府水産試験場(現:大阪府立環境農林水産研究所水産技術センター)、国土交通省近畿地方整備局、南海淡路ライン株式会社
● 学科・専攻・コース・学年:動物&海洋科 海洋生物保護専攻 1,2年
● 取り組み期間:2005年10月20日(木)〜

PAGE TOPへ