グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 産学連携/コンテスト > Ableton live 日本人向け教材改善プロジェクト

グループ各校からのお知らせ:産学連携/コンテスト

一覧に戻る

Ableton live 日本人向け教材改善プロジェクト

2022.08.04

〈各学校の新着情報〉 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校

51905001

DAWソフトの教材改善プロジェクト

SDGs
4.質の高い教育をみんなに

 パソコン上で音楽制作をする、Ableton LiveのDAWソフトの教材は海外向けとなっており、日本では浸透しにくい状況です。このため、本校在校生が教材の改善点、及びアイデアを日本人目線で出し合い、日本人向けのAbleton Live教材づくりの一翼を担いました。
  
 今回の課題については、海外の教育方法と日本人の感性という2つの観点で、教材の見直しを検討する必要がありました。アイデアを出すことは非常に難しいことでしたが、グループワークを長時間行い、セッションを繰り返すことで、授業時間・映像コンテンツで教える等の改善点が見つかりました。学ぶ目線だけでなく、教える目線も理解することで、より深くAbleton Liveを理解することができました。

 学生がSDGsの一貫として、質の高い教育とはどういうことなのか、考える機会にもなりました。

  • 日本人の目線で改善点を考える

  • より深いAbleton Liveの理解に

● 連携企業:Ableton株式会社
● 学科・専攻・コース・学年:音楽テクノロジー科 アーティスト&プロデューサーコース 3年
● 取り組み期間:2021年6月17日(木)〜2021年6月24日(木)

PAGE TOPへ