教育について

HOME > 教育について > 教育の実践 > 産学連携教育プロジェクト

産学連携教育プロジェクト

フェラーリ社など世界トップ企業との協同プロジェクトを実現

滋慶学園グループでは教育・研究の成果を広く地域社会の発展に貢献するため、様々な形で産業界や行政との連携を図っています。

産学連携教育はカリキュラムに組み込まれ、すべての学生が現場の空気に直に触れ、多くのことを学び取る教育の場であり、目指す仕事がどのように社会に貢献するかを体験する貴重な機会となっています。 同時に、各業界にとっても人材育成・発見の場ともなっており、国内外のさまざまな業界の企業に産学連携教育にご協力をいただいています。

産学連携教育プロジェクト 〜世界トップレベル企業とのプロジェクト〜

「産学連携プロジェクト」とは、国内外の企業・団体から課題をいただき、学生たちが授業として企画・提案等のプロジェクトを進めていくプログラムです。

「商品開発、デザイン、コンテストなど職種の性質や業界のニーズ・動向などを踏まえ、各分野さまざまな形で産学連携プロジェクトを実施しています。

東京コミュニケーションアート専門学校の自動車デザイン科では、フェラーリ社をはじめ、フィアット社、プジョー・シトロエン社、トヨタ自動車、日産自動車など、世界トップレベルの企業とのプロジェクトを実施しています。

イタリア・フェラーリ社

イタリア・フェラーリ社からの課題に取り組んだ「フェラーリプロジェクト」

各校事例紹介(2019年度 一部抜粋)
赤堀製菓専門学校
OCA大阪デザイン&IT専門学校
東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校
大阪スクールオブミュージック専門学校
大阪ダンス&アクターズ専門学校
大阪キャリナリー製菓調理専門学校
仙台医健・スポーツ&こども専門学校
名古屋医健スポーツ専門学校
福岡医健・スポーツ専門学校

PAGE TOPへ