滋慶学園ニュース

滋慶学園グループ > 滋慶学園ニュース > 文科省委託「地球のお医者さん」プロジェクト 陸前高田の松原復活へ2校の学生が活動

滋慶学園ニュース

一覧に戻る

文科省委託「地球のお医者さん」プロジェクト 陸前高田の松原復活へ2校の学生が活動

2013.08.29

main

陸前高田市の高田松原再興に向けて松苗を手入れする学生たち

 文部科学省の《東日本大震災からの復興を担う専門人材育成支援事業》として仙台コミュニケーションアート専門学校(SCA)と名古屋コミュニケーションアート専門学校(NCA)が取り組む「地球のお医者さんプロジェクト」に両校の1、2年生20名が8月19日(月)~21日(水)の3日間、参加しました。

 初日の19日はSCAの第1校舎屋上で、NCA教育顧問の森先生から「今回の支援活動の意味について」を受講。このあと、景観施設・屋上緑化・ソーラーシステムを手掛けている株式会社ランドの後藤代表取締役から「屋上のシステム説明」「ビオトープの管理方法」等について、陸前高田「高田松原を守る会」の小山副会長から「松苗の管理方法及び解説」について、それぞれ講話いただきました。

 岩手・一関市に宿泊後、翌20日は同・陸前高田市に出向き、「高田松原を守る会」の小山副会長からレクチャーを受けた後、松の圃場へ移動。除草や剪定などの整備にあたりました。松の苗は、震災前にあった松原の松の木の松ぼっくりから種を採取後、育ててきた苗で、現在、工事中の堤防が完成したのちに移植する予定になっています。移植はまだまだ先のことなので、苗の成長を抑えるための除草や剪定作業を行いました。

 21日も再度陸前高田市を訪れ、前日の作業の続きを行ない、一通りの作業を終えました。

 長期的な取り組みとなりますが、この細かな作業努力が陸前高田の松原復興への架け橋となる様、今後も継続して作業を行っていきます。

  • SCA校舎屋上にある東日本大震災の塩害土壌回復実験圃場

    SCA校舎屋上にある東日本大震災の
    塩害土壌回復実験圃場

  • 株式会社ランドの後藤社長から説明を受ける

    株式会社ランドの
    後藤社長から説明を受ける

  • 「高田松原を守る会」の小山副会長の話にメモを取る

    「高田松原を守る会」の
    小山副会長の話にメモを取る

  • 陸前高田市 松の圃場(松苗)

    陸前高田市松の圃場(松苗)

  • NCA教育顧問森先生による現地講義

    NCA教育顧問森先生による現地講義

  • 「高田松原を守る会」の皆さんと集合写真

    「高田松原を守る会」の皆さんと集合写真

(SCA事務局広報 日野)

PAGE TOPへ