グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > イベント > 【放送芸術学院専門学校】ミュージカル「甲子園だけが高校野球ではない」、初日公演大成功!

グループ各校からのお知らせ:イベント

一覧に戻る

【放送芸術学院専門学校】ミュージカル「甲子園だけが高校野球ではない」、初日公演大成功!

2012.09.08

〈各学校の新着情報〉 放送芸術学院専門学校

若者の苦悩と青春を綴ったミュージカル「甲子園だけが高校野球ではない」が9月8日(土)夜、大阪市中央区の森ノ宮ピロティホールで上演されました。専門学校として生まれ変わった放送芸術学院専門学校大阪アニメーションスクール専門学校の主催で、松岡佑季さんや早川雄将さん(いずれもスターダストプロモーション)、放送芸術学院の卒業生でもある吉瀬絵理さん(サテライト大阪)らプロの若手俳優に交じって学生9人が出演。パッション溢れる舞台を堂々と演じ上げ、満員の客席からスタンディングオベーションを受けました。

地方大会に散った高校球児たちの様々な青春ドラマを集めた作家、岩崎夏海さん監修のノンフィクション集「甲子園だけが高校野球ではない」(廣済堂出版)を元に、放送芸術学院専門学校講師であり、進路ミュージカル「いつか青空の下で」も手がけた演出家、竹田昌広先生が脚本・演出を担当した渾身の舞台です。

午後7時に始まった公演初日、ミュージカルを監修した岩崎さんが開演前の舞台に上り、「こんなにも大勢の方に足をお運びいただきありがとうございます」とお礼を述べた後、「勝者を称えるのは当然だが、敗者も敗者なりにその勇気の称え方があるのではと思って本を出しました。ミュージカルになって敗者にどういう魂が宿るのか、今日はその目撃者として、何かを思っていただければと思います」と舞台あいさつをしました。

物語は、甲子園をめざす野球部員と監督、マネージャー、それに彼らを取り巻く家族や恋人との青春ドラマがオムニバス風に展開していきます。複雑な家庭の事情を抱える部員や難病に倒れ野球が続けられなくなった部員、ケガを抱えながら恋に悩む部員等々。つっぱったり反抗したり、泣いたり落ち込んだりしつつも、いつしか目覚め、チームの仲間と心を一つにして夢に向っていく純粋な若者たちの姿を描いていきます。

音楽は朝日放送夏の高校野球のエンディング曲を26年間に渡って作詞作曲し、演奏してきたシンガーソングライターの西浦達雄先生。両専門学校の講師も務める西浦先生自らが舞台に出演、オンエアされてきたおなじみの8曲を挿入歌として、キーボードとボーカルを担当しました。数々のステージをこなしてきた先生ですが50歳代にしてミュージカルは初体験だそうで、「若い人の中で浮いてしまうのが心配」と話していましたが、若手の俳優や学生以上に若々しい雰囲気で、今年のテーマ曲「大空のしずく」をはじめ、「そうだろう」「はじまりの瞬間(とき)」などを朗々と伸びのある歌声を響かせ、会場を魅了しました。

  • 20120908sub01

    シンガーソングライターの西浦先生

  • 20120908sub02

    大阪がむしゃら応援団

  • 20120908sub03

  • 20120908sub04

    舞台あいさつする作家の岩崎先生

西浦先生やプロの俳優さんたちに交じって立派に舞台を務めあげた学生たちは、コーチ役の沖本尚規さんを筆頭に、野球部員役の加藤将さん、藤聖也さん、畑山剛士さん、隅谷啓太さん、濱本拓海さん、そしてチアガール役の種村夏海さんと亀本千尋さん、うぐいす嬢役の高橋麻衣子さんです。

いずれも俳優、アニメ声優、ダンスインストラクター、ボーカリストの各コースを専攻する学生たちで、約150人のプロの劇団員とともにオーディションを受け、約3倍の競争率を勝ち抜いて晴れの舞台を踏みました。それぞれに初日の舞台を終えて、「素晴らしい経験です。明日はもっといい舞台にします!」と頬を紅潮させていました。

7月下旬から約1カ月半、毎週2回、放課後に学校のホールで竹田先生や西浦先生らの演劇・ヴォーカル指導を受けながら、深夜まで練習を重ねて、この日の舞台でその成果を余すところなくぶつけました。

またこの日の音響や照明、舞台製作などもすべて学生たちが担当。裏方として立派に務めあげミュージカルを成功に導きました。

公演を前にして竹田先生や西浦先生は、舞台を通して、たとえ勝者じゃなくても、必死に、純粋に、夢に向かっていく若者たちの姿を世の中に発信してゆきたと熱っぽく語っていました。実際、学生たちはプロの俳優さんたちとともに、情熱溢れる素晴らしい舞台を作り上げ、観客を大いに楽しませ、見事に初演を成功させてくれました。

若手俳優の中には、卒業生も大勢含まれ、大阪がむしゃら応援団も5人のうち東克明さん、下田寛志さん、入吉洋平さんの3人が卒業生として、ユーモラスな渾身の演技で会場を沸かしてくれました。

同校の事務局長で総合プロデューサーを務める中川局長は初日の入りを心配していましたが、ふたを開けると当日席完売のすばらしい滑り出しに胸をなでおろしていました。

公演は9日(日)も2公演行われ、午後1時と5時の開演です。当日券は4800円。お問い合わせは放送芸術学院専門学校(電話06・6242・5050)。

PAGE TOPへ