グループ各校からのお知らせ

滋慶学園グループ > グループ各校からのお知らせ > 地域貢献 > 【東京バイオテクノロジー専門学校 】 文科省委託 東日本大震災の復興を担う専門人材育成支援事業に取り組む

グループ各校からのお知らせ:地域貢献

一覧に戻る

【東京バイオテクノロジー専門学校 】 文科省委託 東日本大震災の復興を担う専門人材育成支援事業に取り組む

2013.01.12

〈各学校の新着情報〉 東京バイオテクノロジー専門学校

20130112

震災復興にむけて文科省委託事業として開催された放射線測定技術者の育成講座(1月12日、福島大学で)

東京バイオでは昨年度に引き続き、文部科学省委託の東日本大震災からの復興を担う専門人材育成支援事業を行っています。

今年度のテーマは「新しい食品放射線基準を正しく理解できる放射線測定技術者の育成」です。何回かの会議を行って、プログラムや教材を作成。それらを使った第1回の実証講座を1月12日に福島大学で行いました。

今回は、NaⅠシンチレーションスペクトロメーターによる放射能が高い食品のスクリーニング法を習得しました。参加した学生は、食品開発コースや分析科学コースなどの2年生10名です。

まず原子力開発機構の大貫先生から放射線や放射性物質、放射能の測定について学んたあと、実際にキャベツを使って、分析試料の調整、測定を行いました。特に放射能に汚染されないように気を配り、放射性物質に汚染されていない手袋をして試料を用意し、測定のための専用容器の取扱いにも細心の注意で臨みました。

放射線は見えないので、意識して試料を取り扱うことが必要です。今回の講座で、食品の放射能を測定する基本技術を学ぶことができました。今後の活動に生かしていきたいと考えています。

最後に講座のためにご協力いただきました原子力開発機構の大貫先生、福島大学の難波先生と研究室の学生の皆さんに御礼申し上げます。

PAGE TOPへ